初夏の訪れ告げる木曽川鵜飼…愛知・犬山

愛知県犬山市の木曽川で1日、初夏の訪れを告げる「木曽川鵜飼(うかい)」が始まった。鵜飼は夜が本番の漁だが、鵜匠(うしょう)の手綱さばきや、川面から見上げる国宝・犬山城の風情を楽しんでもらおうと昼にも行われており、初日は、招待客約40人が観覧船で繰り出した。船を運航する「木曽川観光」などによると、毎年2万人ほど訪れていた観覧客は、コロナ禍で3000人台に激減したが、緊急事態宣言などが出ていない今年は、既に2276人の予約を確保。10月15日までの開催期間中、約1万人が集まると見込んでいる。鵜匠の石原篤郎さん(45)は「多くの人の前で鵜飼ができるのは幸せ。いい雰囲気を見てもらいたい」と張り切っていた=中部支社写真グループ 青木久雄撮影 2022年6月1日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 8
  3. 9
  4. 10
  5. 481

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)