行方不明の20代女性の可能性、容疑者別荘近くで遺体発見

東京都文京区の女性(23)が今月5日から行方不明になっている事件があり、警視庁は18日、茨城県常陸太田市の山林で、この女性とみられる遺体を発見した。警視庁はこの女性に対する逮捕監禁容疑で14日に知人の会社員の男(33)(神奈川県南足柄市)を逮捕しており、女性が事件に巻き込まれたとみて調べている。捜査関係者によると、男は5日頃、常陸太田市大中町にある自身の別荘に女性を監禁した疑い。調べに「SNSで女性と知り合い、一緒にいたが、監禁はしていない」と容疑を否認している。女性は5日に自宅を出たまま帰宅せず、同居する家族が8日に警視庁富坂署に行方不明届を出していた。警視庁は男を逮捕した翌日の15日に別荘を捜索したほか、男の車を押収するなどして捜査。18日午前、別荘から北北東に約1・5キロ離れた林道脇の崖下で遺体を発見した。遺体の性別は女性で、死後数日が経過しているとみられる。警視庁は、行方不明になっている女性とみて身元の確認を進めている。別荘は2階建てで、国道から約500メートル離れた住宅街にある(読売ヘリから)=東京本社写真部 菊政哲也撮影 2022年6月18日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 483

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)