色違いの稲で田んぼアート…名古屋

色違いの稲を使って絵を描く「田んぼアート」が名古屋市港区で見頃を迎えた。今年は、地元にある藤前干潟のラムサール条約登録20年を記念し、干潟に鳥のミサゴやヤマトオサガニ、トビハゼなどが生息する様子を、広さ約3400平方メートルの水田に描いた。穂が出る前の7月中旬までが見頃。10月には稲刈りをし、収穫したコメの一部は食用となるほか、日本酒の原料としても使う=中部支社写真グループ 菅野靖撮影 2022年6月30日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 483

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)