独眼竜・伊達政宗 仙台の空を飛ぶ

3月の福島県沖地震で傾いた仙台城跡の伊達政宗騎馬像が5日、台座から撤去された。8日に東京都の工場に向けて出発し、専門業者が来年3月末までに修復する。1964年に建てられた騎馬像は、地震で馬の左前脚と右後ろ脚の足首に亀裂が入り、全体が傾いた。2本の脚から土台につながる鉄の芯を切断。重さ約4・9トンの像をベルトや鎖で固定し、クレーンでつり上げ、台座から下ろした。トレーラーに積むための台に載せられ、8日までは近くで作業を見ることができる=東北総局 後藤陵平撮影 2022年7月5日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 484

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)