時代の証言者 「ボク、認知症」 長谷川和夫さん

読売新聞の好評企画「時代の証言者」で連載中の「ボク、認知症」。認知症医療の第一人者で、診断に使われる「長谷川式簡易知能評価スケール」の開発者として知られる長谷川和夫さん。半世紀にわたり、診断や研究に携わってきた精神科医が、自らが認知症になったことを公表しました。今、どんなふうに感じているのか。社会に伝えたいことは何なのか。長谷川さんが語ります=編集委員・猪熊律子(聞き手)、鈴木竜三(撮影・編集) 2018年9月11日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 7

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ