大塚直哉さん 古楽器を語る(2)18世紀末英国のチェンバロ

17〜18世紀バロック時代の鍵盤楽器に焦点を当て、東京芸術大学教授で鍵盤楽器奏者の大塚直哉さんが紹介するシリーズ。第2回は1791年、ロンドンの楽器製作者J.カークマンのチェンバロです。フランス革命直後のこの時代、英国は産業革命の中、経済発展を遂げた時期でした。音楽の世界では、「シャコンヌ」の作曲者ヘンデルはすでに世を去り、ハイドンやモーツァルトら古典派の時代。鍵盤楽器の中心も古風なチェンバロから近代的なピアノへ移り変わる時期でした。実はこの楽器、隠れた仕掛けも。大塚さんが動画で解説します。(協力:浜松市楽器博物館)

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 27

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ