漫画「小さな恋人」のトシコムトーさんが日本で初の個展

米国ロサンゼルス在住の漫画家・トシコムトーさん(83)の日本初の個展が画廊飛鳥(奈良県明日香村)で開かれている。60年前に描いた漫画「小さな恋人」がデビュー作で、女性週刊誌で8年間連載が続き25社もの仕事を受ける超売れっ子となった。絶頂期に渡米、ウォルトディズニー社で8年間、ショーデザイナーとして活躍したが、40歳で感覚を失い40年間冬眠のような状態となる。82歳の今年、感覚を取り戻し再び「小さな恋人」を描き、友人を通じて画廊飛鳥に作品や過去の貴重な資料をすべて託すことになった。同展は21日まで(午前11時~午後5時)、16日休館。観覧料一般300円、15歳以下100円。問い合わせは電話090・7756・4479=落合雅治撮影 2018年10月11日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 26

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ