パンダの「彩浜」、1歳に…和歌山

和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」のジャイアントパンダ「彩浜(サイヒン)」(メス)が14日、1歳になった。彩浜は同施設では最も小さい体重75グラムで誕生。自力で母乳を飲めず、成長が危ぶまれたが、飼育スタッフが保育器に入れて24時間態勢でサポートし、1か月で体重は約10倍になった。現在の体重は26.4キロまで増え、永久歯も間もなく生えそろう。この日午前、誕生会が開かれ、入園者らが健やかな成長を祝った。木製のバースデーケーキや、竹で作ったジャングルジムなどの遊具をプレゼントされ、彩浜はケーキに飾り付けられたリンゴやニンジンを食べたり、遊具によじ登ったりした=大阪本社写真部 長沖真未撮影 2019年8月14日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 12

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)