北陸大紀行「山城」【3】一乗谷城(福井市)

「朝倉の栄華と悲哀映す」 三方から山が迫り、川に沿って帯状に広がる平地。福井市街から南東へ約10キロの静かな山あいに、特別史跡・一乗谷朝倉氏遺跡は位置する。その中に戦国大名・朝倉氏が有事に備えて築いた詰城(つめのしろ)・一乗谷城と、麓の城下町はあり、今も遺構が確認できる。「日本のポンペイ」と呼ばれるゆえんだ。朝倉氏は応仁の乱(1467~77年)での活躍を機に一乗谷に移り、約1世紀にわたり越前国を支配。京都などから文化人が訪れるほど繁栄した一乗谷は「北陸の小京都」と呼ばれた=2018年11月15日撮影

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 8

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ