北陸大紀行「小説の舞台編」【6】「梨の花」

「梨の花」 中野重治・著(福井県坂井市)  「梨の花」は、プロレタリア文学を主導した中野重治が、自身の幼少期をモデルに描いた自伝的小説だ。物語の多くが坂井市の旧丸岡町の東西約1・5キロ、南北約1キロの範囲で進む。20世紀初頭の古里の人々の暮らしや風習を子どもの視点で詳細に描写している。

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 8

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ