北陸大紀行「小説の舞台編」【8】「螢川」

「螢川」 宮本 輝・著(富山市)「螢(ほたる)川」は、父親の仕事の都合で大阪から転居し、いたち川のほとりで1年間を過ごした作家の体験が色濃く反映されている。住まいは川に架かる雪見橋付近だった。4月に大雪が降った年は、いたち川の上流でホタルが乱舞する。銀蔵じいさんから聞いた話に魅せられた中学生、竜夫の成長譚(たん)は、周囲の複雑な人間模様とともに展開する。

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 8

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

読売新聞購読申し込み

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ