北陸大紀行「小説の舞台編」【9】「劔岳 点の記」

「劔岳 点の記」 新田次郎・著(富山県立山町など) 山岳小説「劔岳(つるぎだけ) 点の記」は、剱岳がまだ未踏峰だと信じられていた1907年(明治40年)、地形図を完成させるために特命を受けた旧陸軍参謀本部陸地測量部の測量官・柴崎芳太郎が、案内人の宇治長次郎らと、頂上に4等三角点を設置するまでの苦闘を描いた。当時の剱岳は、信仰の対象として畏敬され、黒い岩肌を天に突き刺す登ってはいけない山でもあった。

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 8

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ