世界最小級のネコ「スナネコ」の赤ちゃん公開…神戸

愛らしい姿から「砂漠の天使」と呼ばれる世界最小級のネコ「スナネコ」の赤ちゃんが24日、神戸どうぶつ王国(神戸市中央区)で報道陣にお披露目された。25日から一般公開される。スナネコはアフリカ北部や中央アジアなどの砂漠に生息し、国内での繁殖例は少ない。8月23日に生まれた赤ちゃんは、体重370グラム、体長21センチにまで成長。よちよち歩きで飼育員の手にじゃれつくなど、愛嬌たっぷりな姿を見せている。飼育員は「成長記録をSNSで発信しているので、一緒に成長を見守ってほしい」と話す。見学は原則として現地での予約が必要=大阪本社写真部 里見研撮影 2020年9月24日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 12

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ