米フロリダ州で人気の水生動物「マナティー」が大量死

大きな体とゆったりとした動きで人気の水生動物「マナティー」が、世界有数の生息地の米フロリダ州で大量死している。水質悪化で餌の水草が不足したのが原因で、年間で過去最多の1000頭超が死んだことが確認された。フロリダ州やその周辺に推定約7500~1万頭いるマナティーのうち、大部分は州の東海岸を南北約250キロ・メートルにわたって延びる潟湖(せきこ)「インディアン・リバー・ラグーン」に生息する。州の集計によると、今年、州内で死んだマナティーは今月12日までで1003頭を記録した。昨年の同時期(498頭)の2倍以上で、今年だけで全体の生息数の少なくとも1割が減った形だ=ワシントン支局 船越翔撮影 2021年11月20日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 18

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)