今冬も仲良く たき火にあたるサル…愛知・犬山

愛知県犬山市の日本モンキーセンターで21日、冬の風物詩「たき火にあたるサル」のたき火の試しだきが行われ、飼育されているヤクシマザル約140匹がたき火を囲んだ。冬至の22日から一般公開される。1959年の伊勢湾台風による倒木などで職員がたき火をしたところ、子ザルが集まってきたのが始まりとされる。この日は、たき火で焼いたサツマイモ20キロがサルに振る舞われ、おいしそうにほおばっていた。一般公開は、22日と、1月30日までの土日祝日の計15日間。新型コロナウイルス感染防止のためガイドを止め、長時間の立ち止まりを防ぐなどの対策を行う=中部支社写真グループ 青木久雄撮影 2021年12月21日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 18

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)