密教美術の名品が東京・上野に集結  「国宝東寺」展

[読者会員限定]
京都・東寺で約1200年間受け継がれてきた至宝を紹介する特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」(読売新聞社など主催)の開会式と内覧会が25日、東京・上野の東京国立博物館で行われた。東寺は平安京遷都の際に建立され、真言密教の根本道場として栄えた。特別展では、弘法大師・空海が真言密教の教えを仏像で表現した21体の立体曼荼羅のうち、国宝の「帝釈天騎象像」など15体や、彫刻、絵画、書跡など密教美術の名品約110点が展示される。展示替えあり。6月2日まで=東京本社配信部 漆間晃撮影 2019年3月25日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

Yteen.TV

KODOMO新聞

特集

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ