神社にフクロウの「フクちゃん」すみつく 山口・防府の宇佐八幡宮

山口県防府市の宇佐八幡宮にフクロウの赤ちゃんがすみつき、「ピイ」と鳴きながら本殿内を飛び回るなど、愛らしい姿をふりまいている。先月20日頃、本殿の廊下にいたのを石村守宮司(72)が見つけ、手を差し出したところ肩に乗ってきたという。「フクちゃん」と呼んで、かわいがっている。県立きらら浜自然観察公園(山口市)によると、キュウシュウフクロウという種類で、まだ産毛が残っていることから、巣立ったばかりの幼鳥が迷い込んだとみられるという。 同宮では2016年5月にもフクロウの幼鳥を保護。約1年後に山に帰っていくまで、参拝客から人気を集めたという。石村宮司は「フクちゃんは、あの時のフクロウの子かも知れませんね」と話している=山口総局防府通信部 長野浩一撮影 2019年6月6日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

Yteen.TV

KODOMO新聞

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ