読売新聞オンライン

メニュー
妄想ドライブ

なまはげ、奇岩 神秘巡る旅@秋田

150を超える様々なお面を見ることができるなまはげ館(なまはげ館提供)

 はじめまして。AKB48チーム8群馬県代表の清水麻璃亜です。チーム8のメンバーが地域面で「新聞を楽しくする企画」を連載する「月刊チーム8」。今月から秋田県版では「心のケアルーム」と交互に、メンバーが県内で行ってみたいドライブスポットを紹介する「チーム8の妄想ドライブ@秋田」をお届けします。秋田県で私が訪れてみたい場所は、男鹿市の「なまはげ館」です。

 なまはげについては、聞いたことはありましたが、具体的なことは、詳しく知りませんでした。鬼のようなお面をつけて大みそかに集落の家々を回るなんて、いかにも地域に伝わる伝統行事という感じだし、子どもたちは大泣きするのも当然ですね。

 実は群馬県の私の実家でも、正月に獅子舞が家々を回る行事があります。頭をカプッとかまれて、子どもの頃は大泣きしていました。

 でも、最近は少子高齢化のせいもあって、地方の伝統行事も存続が危うくなっているという話をよく聞きます。私も過去に1回だけ、獅子舞が来ない年があって、とても寂しかったです。

 男鹿のなまはげ館の写真を見ていると、いろいろ発見もあります。様々な顔のお面が、150面以上もあり、一つ一つ観察するだけで面白そうです。しかも、なまはげの格好をして、記念撮影もできるなんて。私もなまはげに変身して、このユニークな伝統行事を応援したいと思います。

男鹿半島南西部の潮瀬崎にある「ゴジラ岩」。日本海に沈む夕日にシルエットが浮かび上がる

 あと男鹿半島なら、ゴジラ岩にもぜひ行ってみたいです。なぜこんな形の岩ができあがったのか不思議です。夕日に浮かび上がるシルエットが、自然の神秘を感じさせてくれます。

 長い歴史の中で生まれた伝統行事と奇怪な風景。私の妄想ドライブ@秋田は「人と自然が生み出した神秘を巡る旅」という感じでしょうか。

【アクセス】

 なまはげ館は、秋田自動車道・昭和男鹿半島ICから車で40分。ゴジラ岩は50分。

プロフィル

 AKB48 チーム8 群馬県代表



 AKB48チーム8群馬県代表。1997年9月29日生まれ。調理師免許を取得したほどの料理好き。SNSでも「シミズキッチン」と題し、自身の作った料理を配信中。

 過去の記事はこちら