服部有菜の白黒つけるぜ!

特別編 飛騨牛 食べ過ぎちゃう

16いいね
飛騨高山の「古い町並」は散策するだけで心が落ち着きます(高山市提供)

 今月も月刊チーム8は特別企画。気兼ねなく遠出や旅ができるようになった時のために、地元のオススメ旅行プランを全メンバーが各県版で提案します。

 私が提案するのは「服部有菜オススメの岐阜グルメ旅」。世界に誇る岐阜の観光地で、最高においしいものを食べてもらいたいと思っています。

 まず下呂温泉。山に囲まれた自然豊かな温泉街で、名古屋から電車で約1時間半とアクセスもいいです。街中には無料の足湯もたくさんあって、散策しながら楽しめます。ここでトライしてもらいたいのが、「ゆあみ屋」さんの「ほんわかプリン」。足湯につかりながらプリンを食べられ、そのなめらかさにはほっぺがとろけます。

 海外の人にも人気が高い飛騨高山も訪れてほしいです。見所は歴史的な街並み。徒歩で散策するのもいいですが、人力車にも乗ってみてほしいです。

 飛騨高山のオススメグルメはやっぱり「飛騨牛」。串焼きにコロッケ、にぎり寿司(ずし)……。お手頃価格で最高のブランド和牛が食べられて、私もいつも食べ過ぎちゃいます。

 岐阜は自然も豊かで、静かに心落ち着けて息抜きするには最高の場所です。

 さて、ここからはウェブだけの延長戦。地元の人も大好きなオススメグルメを紹介していきます。

 まずは「岐阜タンメン」さん。私も月に4、5回は食べに行っちゃうほど大好きです。 関東のタンメンとちょっと違って、野菜のうまみとニンニクの風味が利いた塩だしのスープが特徴。お好みで辛みを足したり、卓上の「酢もやし」を入れてすっきりさせたり、自分好みでアレンジして楽しめます。ファンの方も「おいしい!」と報告してくださるので、ぜひみなさんも食べてみてください。

恵那川上屋さんの「栗一筋」。モンブラン好きにはたまらない豪快な逸品です(恵那川上屋提供)

 スイーツで言えば、「恵那川上屋」さん(本社・恵那市)の巨大モンブラン「栗一筋」。まるで盛りそばのような豪快さで、インスタグラムなどで「映える!」と話題になりました。秋から冬にかけての季節限定商品で、発売期間は公式サイトなどで告知されるとのこと。季節が合えば、ぜひ挑戦してみてください。私も絶対食べに行きます。

 食べ物つながりで言えば、郡上市もオススメです。ここは、日本が世界に誇る食品サンプルの“聖地”。食品サンプル作りの体験もできるので、家族連れでもきっと楽しめるはずです。

 どうでしょう。岐阜の魅力、伝わりましたか? ぜひ我がふるさとで心を癒やしてください♡

 (施設の運営状況については、ホームページなどで確認してください)

16いいね
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ