日本再発見!<PR>

行きたいドライブスポット投票~北海道・東北編~

74いいね

 北海道・東北エリアのチーム8のメンバーが、各地のドライブスポットを紹介します。最も行きたいスポットを選んで投票フォームからご応募ください。投票していただいた方の中から抽選で5万円分の旅行券が6名様に当たります。締切は9月30日まで。

◆北海道/小樽運河(おたるうんが)

 1923年に海運の効率化を図るためにつくられた小樽運河は、北海道開拓の玄関口として発展した。全長1140メートルの運河沿いに、建設当時そのままの姿で石造倉庫群が立ち並び、往時の面影をしのばせる。夜は散策路のガス灯がともり、あたりは幻想的な雰囲気に包まれる。浅草橋街園は撮影スポットとして人気で、カメラやスマホを手にした多くの人でにぎわう。冬のイベント「小樽雪あかりの路」の会場としても知られる。

運河や石造りのライトアップがロマンチック!~坂口渚沙~

 小樽運河には私も何回か行ったことがあるんですが、小樽運河はもちろん、周りの景色も奇麗で、時間を忘れるくらいです!夕暮れになると、運河や石造りの倉庫がライトアップされて、とてもロマンチックな雰囲気になります!まさに、インスタ映えにもってこい!ぜひ一度は行ってみてほしいです!

◆青森/鶴の舞橋(つるのまいはし)

 青森県の最高峰・岩木山の壮大な山影を湖面に映す、「津軽富士見湖」の名で親しまれるため池にかかる。全長300メートル、三連太鼓橋としては日本で一番長い木橋だ。江戸時代、付近には数多くの鶴が飛来したといわれるが、木造の橋のぬくもりある優美なアーチは、鶴が両翼を広げた姿にも例えられる。すぐ近くにある丹頂鶴自然公園では、本物の丹頂鶴を観察できる。

渡れば長生きできるかも?~横山結衣~

 足もとにはきれいな湖、振り返ると大きな岩木山があって、季節や天気、見る時間帯によって美しさが全然違います!オススメは、冬の雪に包まれた姿。すごく幻想的で、ずっとそこにいたくなっちゃうような最高の景色です。渡れば長生きできるっていう言い伝えもあるそうですよ!

◆岩手/猊鼻渓舟下り(げいびけいふなくだり)

 北上川の支流、砂鉄川沿いに約2キロメートルにわたって続く渓谷、猊鼻渓の絶景を、船頭が棹(さお)一本で操る舟からゆったり味わう風流なアミューズメント。両側に迫る高さ50メートルを超える岸壁に、いくつもの奇岩が連なる。その風景は名勝指定県内第1号で、日本百景の一つにも数えられる。季節ごとに異なる趣を帯び、秋は紅葉、冬は水墨画を思わせる風情を楽しめる。

「かっこうだんご」も楽しもう!~佐藤七海~

 猊鼻渓は行ったことがないのですが、近くにある厳美渓(げんびけい)には最近お母さんと行きました。川がとても奇麗で、特に夕方は夕日と景色がマッチしていて、とても神秘的でした!川沿いに「かっこうだんご」というとても有名な団子屋さんがあります。団子を頼むと、渓流の向こう側にあるお店から、ロープウェーのように団子が入った籠が下りてくるんです!岩手に来た際には、猊鼻渓と厳美渓にぜひ寄ってみてください!

◆宮城/シーパルピア女川(シーパルピアおながわ)・地元市場ハマテラス

 「シーパルピア女川」は、女川駅から延びる日本有数の港・女川漁港へと続くレンガみち沿いに立つ商業施設。地元住民の憩いの場であるとともに観光客にも人気の飲食店などが軒を連ねる。「ハマテラス」はその一角を占める地元市場。新鮮な旬の魚介類を楽しめるレストランや海産物を使用したオーガニック石鹸を製造販売する店など、「海」をコンセプトにした8店舗が出店している。

「食べる」「触れる」を楽しめる憩いの場~佐藤朱~

 海の街・女川では、海を望む景観を楽しみながら、「食べる」「触れる」を満喫することができます。シーパルピア女川は、駅と女川湾をつなぐ広いレンガ道がとても印象的!おいしい海産物はもちろん、様々なお店もあって、ゆったりとした時間を過ごすことのできる憩いの場です。

◆秋田/白神山地(しらかみさんち)

 秋田県北西部から青森県南西部にまたがる広大な山地帯。人の影響をほとんど受けていないため生態系が保たれており、世界最大級のブナ林が分布しているとして、一部が世界自然遺産に登録されている。秋田県側からは標高約1086メートルの二ツ森の山頂から世界自然遺産エリアを眼下に望める。岳岱(だけだい)自然観察教育林でも、原生的なブナの林やコケむした巨岩を気軽に楽しむことができる。

おススメは秋の紅葉!~御供茉白~

 世界自然遺産にも認定されている白神山地!ブナの原生林で、滝や湖や川などの自然がたくさんあります!特に「くろくまの滝」は日本の滝百選に入っているんだとか!紅葉がとっても奇麗とのことなので、秋がおすすめですね!とても有名で、自然がすてきな白神山地に、ぜひ行ってみたいです!

◆山形/銀山温泉(ぎんざんおんせん)

 江戸時代、大銀山として栄えたことがその名の由来。大正末期から昭和初期に建てられた洋風木造多層の旅館が軒を連ねた、ノスタルジックな景観が味わい深い。温泉は細かな湯花が交じった乳白色のお湯で、「出羽の名湯」として名高い。温泉街から少し足を延ばせば「白銀の滝」や「滝の不動尊」「延沢銀山廃坑洞」といった風情あるスポットが点在し、散策も楽しめる。

映画のモデルにもなったともいわれる温泉街~御供茉白~

 「おしん」の舞台で、ジブリの作品でもモデルとなったといわれている銀山温泉!見た目もそうですが温泉も最高です!切り傷ややけど、冷え性に疲労回復などたくさんの効能があるそうです!山形は寒いので、温泉に入るとぽかぽか。雪が積もっている銀山温泉はとても美しいです!まだ行ったことがないので一度は行ってみたいです!

◆福島/つむじ倉滝(つむじくらたき)

 会津地方の中央にそびえる博士山にある滝の中で最大級のもので、上段25メートル、下段60メートルの二段滝。その名には水神がとどまるところという意味もあり、「奥州白女が滝」との別名を持つ。水量が豊富な時には虹がかかり、神秘的な景観を楽しめる。春から夏にかけては新緑、秋は紅葉が美しく、周辺の断崖には貴重な植物も自生している。

虹もかかる神秘的な滝~佐藤朱~

 午後になると滝壺に虹がかかり、神秘的な景色を楽しむことができる滝です!季節によっては、新緑や紅葉に囲まれた滝を堪能することができるので、写真映えも最高なはず!!上段25メートル、下段60メートルと、二段滝になっているのも珍しいですよね!

Sponsored by トヨタレンタカー
トヨタレンタカーなら、全国どこでも1200店舗!ご予約など、詳しい情報はこちらから。
74いいね
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ