日本をつなぐメッセージ

「日本をつなぐ チーム8のメッセージ」~関西編~

52いいね

 4月3日で結成6周年を迎えたAKB48チーム8のメンバーが読者やファンのみなさんに感謝のメッセージを届けます。各地域面でも掲載されたメンバーの写真に書かれている文字を(1)~(45)の順番につなげると、一つの文章になります。メッセージを解読して豪華プレゼントをゲットしよう! こちらは関西エリア編。各メンバーから寄せられた個別のメッセージも合わせて紹介します!

■大阪府代表 永野芹佳・・・(2)「ん」

 6年間はあっという間でしたが、内容が濃く有意義なことばかりでした。毎年、ファンのみなさんや周りにいるスタッフさん、メンバーのみんなと楽しい1年を過ごすことができ、とっても感謝してます! 新しいメンバーも増えたということで、7年目は新メンバーと一緒にコンサートや野外のイベントにたくさん出演したいです。個人的には、地元でのお仕事などにも積極的に取り組みたい。あとは趣味の麻雀を極めます(笑)

 読売新聞の連載「ハロー!万博」では、今年も大阪万博について、読者のみなさんと一緒に学んでいきたいです。これからもたくさん記事を読んでいただけるように頑張ります(^^) 応援よろしくお願いします☆

■兵庫県代表 福留光帆・・・(39)「歩」

 4月3日でチーム8は6周年を迎えました! 私はチーム8に加入して、まだ1年もたっていませんが、先輩たちが作り上げてきたチーム8を少しでも盛り上げることができるよう、頑張っていきたいです!

 そして読売新聞の連載「兵庫って最高やねん」では、兵庫県の魅力をたくさんの方に届け、一人でも多くの人に興味を持っていただけるように頑張ります!

 いつも読んでいただいている読者のみなさん、いつも応援していただいているファンのみなさん! まだまだ未熟な私ではありますが、みなさんに楽しんでいただけるよう、今年度もたくさん頑張ります! これからも福留とチーム8をよろしくお願いいたします!

■和歌山県代表 山本瑠香・・・(23)「ム」

 私たちチーム8は、4月3日で6周年を迎えることができました! いつも応援していただいているファンのみなさん、本当にありがとうございます! ファンのみなさんの応援があってこその私たちです! ぜひ7年目も応援よろしくお願いします!

 先日、AKB48を卒業することを発表させていただきました。読売新聞の連載では和歌山県の色々な魅力を発信させていただいたのですが、読者のみなさん、和歌山県の魅力伝わっていましたかー?? まだまだ和歌山県には素敵な場所がたくさんあるので、ぜひ遊びに来てください! 私はAKB48を卒業しますが、これからは別の道で夢に向かって頑張るので、ぜひこれからも応援していただけると嬉しいです!

 これからも、チーム8、そして山本瑠香の応援をよよよよよよろしくね!

■奈良県代表 大西桃香・・・(32)「向」

 チーム8に初期メンバーとして入って、6周年を迎えることができるなんて。いつも支えてくれるメンバー、スタッフさん、そしてファンの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

 7年目は いま心掛けている 「周りを見る」ということを続けていきたいです。すこしでも周りにいるメンバーたちの支えになれるように頑張ります。

 そしてファンの方とたくさん会う機会も増やしたいですし、嬉しい報告もしたいので、いろんな活動が出来るように、いま出来ることを頑張りたいと思います。

 月刊チーム8の「おおにしの大人スタイル」を読んでいただいている皆様、いつもありがとうございます。

 私はこの企画を通してたくさんのマナーや常識を教えていただきました。これからも知識を増やし、生かしていきたいです! よろしくお願いいたします!

■滋賀県代表 濵咲友菜・・・(43)「ま」

 気付いたら6周年。早いようで長かった! ここまで来ることができたのはたくさんの方々のサポートのお陰です。本当にありがとうございます!!

 私は中学1年生の時からチーム8に入り、高校を卒業しました。7年目は感謝の気持ち、そして初心を忘れず、焦らず自分らしく歩こうと思います。より一層気合を入れて、もっと演技のお仕事をさせていただけるように頑張りたいです。もちろん「月刊チーム8」の連載も、これまで以上にもっと楽しく全力で取り組んでいこうと思います。

 チーム8は新しいメンバーがたくさん増えました。みなで切磋琢磨していきたいですし、全員でやっている月刊チーム8も多くの方に見ていただけるよう、頑張っていきます。応援よろしくお願いします!

メンバーが持っているサイン入り画用紙などへの応募はこちら(よみぽランドへ)

52いいね
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ