日本をつなぐメッセージ

「日本をつなぐ チーム8のメッセージ」~北海道・東北編~

58いいね

 4月3日で結成6周年を迎えたAKB48チーム8のメンバーが読者やファンのみなさんに感謝のメッセージを届けます。各地域面でも掲載されたメンバーの写真に書かれている文字を(1)~(45)の順番につなげると、一つの文章になります。メッセージを解読して豪華プレゼントをゲットしよう! こちらは北海道・東北エリア編。各メンバーから寄せられた個別のメッセージも合わせて紹介します!

■北海道代表 坂口渚沙・・・(20)「8」

 ついにチーム8は、6周年を迎えました! ここまで来ることができたのは、本当にみなさんのおかげです。ありがとうございます! でももう6周年、早いな、って感じて少し焦ったりもしてます(笑)。7年目は、一つ一つの活動を大事にして、大きな会場でチーム8のコンサートを行いたいです!

 そして、読売新聞の読者のみなさん、いつも「月刊チーム8」の連載を読んでいただき本当にありがとうございます! 毎月、みなさんにどんなことをお伝えしようかと考えると楽しくなっちゃいます(^。^) これからも頑張るので、どうぞよろしくお願いします!

■青森県代表 横山結衣・・・(6)「こ」

 6周年。振り返ってみると本当にあっという間だったなと感じます。後輩もたくさん増え、チームを引っ張っていかなきゃいけないという気持ちとともに、私自身もさらに成長しなければいけないなと強く感じています。表現することが好きだと改めて気づいたので、7年目は舞台など何かを表現する活動に取り組んでいければと思っています。

 「月刊チーム8」の企画はライブやテレビとはまた違い、文字と写真を通して、みなさんの手元で何度も読み返してもらえるすごく貴重な場所です。これからも、みなさんが知らない青森県の魅力や、私のことをたくさん知ってもらえるように、そして私自身が成長できるように頑張ります。よろしくお願いします。たくさん読んでねっ!

■秋田県代表 布谷梨琉・・・(37)「バ」

 チーム8に加入して約5ヶ月。自分の努力不足を実感したので、チーム8の7年目はたくさんのことを吸収して、それを生かして「自分らしさ」を大切にしながら、楽しく活動していきたいです! 目標は先輩たちと肩を並べられるくらいに成長することです! 努力を怠らず頑張ります!

■岩手県代表 井上美優・・・(1)「こ」

 私は加入して半年ですが、チーム8は4月3日で6周年を迎えます!

 私は9歳の時に、東日本大震災を経験し、被災地訪問に来てくれたAKB48のミニライブを見てアイドルに憧れました。そして今、AKB48チーム8に加入し、読売新聞さんで震災をテーマにした連載を担当させていただいています。震災のあの辛い経験が風化してしまうことを防ぐためにも、こうして新聞で連載をさせていただけるのは本当にありがたいことです。

 アイドルになって、ステージに立つまでの過酷さを知りました。歌やダンスを覚えるのには想像の何倍も時間が必要で、人前に立つのは本当に難しいです。今は歌やダンスを覚えることに精一杯という状態ですが、今年はみなさんに可愛く、かっこいい姿を見せられるように頑張ります。あと岩手県でイベントをしてみたいですね!

 私は今、毎日が充実していて、仲間にも環境にも恵まれています。まだまだ未熟な私だけど1年後、2年後、大成長している姿を見せられるように頑張ります。私を応援してくれている方、いつも本当にありがとうございます!

■山形県代表 御供茉白・・・(15)「!!」

 チーム8はみなさんのおかげで6周年を迎えることができました!

 ありがとうございます!

 7年目もたくさんの方に会いに行きたいです! 読売新聞で連載中の「ましろノート」も今年度はもっとたくさんの方に読んでもらい、チーム8や私のことを知ってもらえるように楽しく頑張ります!これからも見てくださいね!

■宮城県代表 佐藤朱・・・(18)「B」

 読売新聞読者のみなさん、いつも連載を読んでくださってありがとうございます! 私は、大好きなテニスのこと、それに関連したフィジカル面、メンタル面のことをテーマにしてきましたが、コラムとして発信する楽しさを、連載を通じて感じることができました! なかなか事細かにお話しする機会がないので、ある意味レアなことも書くことができたのかなぁ、と。そして伝えたいことに関して、自分自身もより深く考えるきっかけにもなったので大きな刺激となる経験でした!

 今後も私らしくスポーツと絡めた内容にしていけたらなと思います!チーム8のメンバーになって7年目に入りますが、まだまだ成長していけるよう、たくさんのことに挑戦したいです。そしてチームの中で、AKB48の中で、自分ができる役割を見つけて、行動できるように心がけていきたいです。ファンのみなさんとの素敵な思い出も、さらにさらに作っていきたいですね!! 少しでも多く恩返しができるように7年目も精一杯がんばります!

■福島県代表 長谷川百々花・・・(33)「い」

 いつも連載を読んでいただき、ありがとうございます!

 私の連載は、関心を持ったニュースについて、私自身が考えてみるというテーマです。普段から新聞をよく読んでいたわけではないので、自分の感じたこと考えたことを言葉で表現して伝えるということ自体、最初はとても難しかったです。けれど、連載を続けていく中で、自分でも「気持ちを上手に伝えることができたかな?」と思うときもあり、とても達成感が得られています!

 もっともっと、たくさんの方々に福島県の今を知ってもらえるよう、濃い内容の連載をお届けできるよう頑張っていきます。これからもぜひ、よろしくお願いします^_^

メンバーが持っているサイン入り画用紙などへの応募はこちら(よみぽランドへ)

58いいね
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ