はるpyonのラビットJUMP

特別編 秋の楽しみ 子持ち鮎

44いいね
秋になれば、庄川の子持ち鮎がオススメです(2019年撮影)

 今月の「月刊チーム8」も特別編です。題して、「チーム8の妄想旅行代理店」。気兼ねなく遠出や旅行ができるようになった時のために、各メンバーが地元のオススメ旅行プランを提案します。

 私のテーマは「富山県で癒やし三昧ざんまい」です。

 オススメのスポットはなんといっても、黒部ダム。毎秒10トン以上の水が噴き出す観光放水は、今年も6月26日から10月15日まで行われるとのこと。迫力たっぷりの放水が間近に見られる場所もあり、きれいな虹がかかる様子が見られることもあります。

 続いてはグルメ。おいしいものを食べて癒やされてほしいと思い、オススメするのは庄川の伏流水で育つあゆ。時期は先になりますが、秋になると砺波市の庄川峡周辺の専門店には、おなかのふっくらした「子持ち鮎」が並びます。私も毎年家族で足を運んでおり、子持ち鮎を食べることで秋を感じます。

 秋になれば紅葉もいいですよね。宇奈月温泉なら、入浴しながら見ることができるし、全長約20キロの黒部峡谷鉄道に乗っても楽しめます。

 こんな風に書いていると、すぐにでも旅がしたくなってきました。

 (施設の運営状況については、ホームページなどで確認してください)

44いいね
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ