下尾みうの言いたいことがあるんだよ。

夏みかん色は“名物”

山口県と言えば、夏みかん色のガードレールです

 山口から県外に出た時に、「あれっ」と不思議に思うことの一つが、ガードレールの色だったりしませんか?

 オレンジ色のガードレールがない!! 私、昔はガードレールには白とオレンジの2種類があって、危ない所などに事故防止のためにオレンジ色が塗られているのだと思っていました。まさかあのガードレールが山口県の“名物”だったとは。

 チーム8の山口県代表になって、私もいろいろ山口のことを学びましたが、あれは県特産の「夏みかん」の色。1963年に山口で国体が開催されたときに、何か山口の特徴を作ろうということで、県道のガードレールを夏みかん色(正式には黄色)にすることになったのだそうです。

 オレンジは山口県のゆるキャラ「ちょるる」にも使われていますし、サッカーJ2のレノファ山口のユニホームもオレンジです。山口の色としてすごくしっくりきます。ところが……。

 気づいてしまったのです。実はJ2には、オレンジをチームカラーにしているチームが多いということに。

 担当記者さんと一緒に調べたところ、大宮に新潟、愛媛に長崎と、山口以外に4チーム。オレンジをチームカラーにしている理由はそれぞれだとは思いますが、私は、夏みかん色のガードレールに古里の誇りを感じる山口県民の一人。レノファにはぜひ、オレンジ対決で好成績を残し、J1昇格を目指してほしいと思います。

「山口県人として言いたい」大募集!!

 このコーナーでは読者のみなさんの「山口県人として言いたいこと」を大募集!! 全国の人に訴えたい山口県の魅力や良さを送ってください。あて先は team8@yomiuri.com 。件名を【山口県人として言いたい】とし、本文に①居住都道府県②年齢③性別④ペンネーム⑤訴えたいこと――を記入してください。応援メッセージも大歓迎です。

 過去の記事はこちら