下尾みうの言いたいことがあるんだよ。

とくぢ味噌 古里の味

みなさんのお家のおみそ汁、どんな味ですか?

 アイドルとして東京でお仕事をするようになって感じるのは、山口と東京の「味」の違いです。

 例えば「うどん」。山口のつゆは淡い色で薄味なのに対し、東京のつゆは黒っぽくて味がしっかりついています。

 そうそう。日清食品さんのカップ麺「どん兵衛」も西日本と東日本で味つけが違うらしいです。担当記者さんの調べによると、どん兵衛のきつねうどんと天ぷらそばは、東日本では、カツオだしをきかせたしょうゆ感のある色の濃いつゆ、西日本では、昆布だしをきかせた淡い色のつゆが特徴なんだとか。

 同じ日本なのに好みが違うって不思議ですが、小さい頃から慣れ親しんだ味って、特別ですよね。

 私にとって「とくぢ味噌みそ」はその一つです。麦こうじを使って作られているいわゆる「麦みそ」なんですが、ひいおばあちゃんが徳地町(現山口市)に住んでいたこともあって、子どもの頃からとても身近なみそでした。

 ところが、東京でみそ汁を食べてびっくり! 味が全く違うんです。私にとっては麦みそが当たり前だったのですが、実は全国のみその8割が米麹を使う「米みそ」なんだそうです。そこで初めて私が少数派であることを知りました。

 麦みそで作るみそ汁は、香り豊かでほっとする優しさがあります。特に正月にひいおばあちゃんの家で出てくるお雑煮は私にとってまさに古里の味です。

 丸餅にかまぼこ、ニンジン、タマネギ、とろっとろの半熟卵……。と、そこまでいったところで、担当記者さんが「卵?」と不思議そうな顔。えっ、お雑煮に卵って入れませんか?

 同じ日本なのに地域によっても家庭によっても、好みや味が違うって、やっぱり不思議だし面白いです。

「山口県人として言いたい」大募集!!

 このコーナーでは読者のみなさんの「山口県人として言いたいこと」を大募集!! 全国の人に訴えたい山口県の魅力や良さを送ってください。あて先はteam8@yomiuri.com。件名を【山口県人として言いたい】とし、本文に①居住都道府県②年齢③性別④ペンネーム⑤訴えたいこと――を記入してください。応援メッセージも大歓迎です。