下尾みうの言いたいことがあるんだよ。

鉄道で山陰巡りたい

山陰の美しい海岸を走り抜ける観光列車「〇〇のはなし」。私もいつか乗ってみたい!(JR西日本提供)

 山口県の鉄道といって、多くの人が思い浮かべるのが「SLやまぐち号」かもしれません。だけど、自然豊かな山口には乗るだけで楽しい列車はほかにもあります。今回、私が声を大にして紹介したいのは、以前から気になっていた観光列車「〇〇まるまるのはなし」です。

 東萩駅と新下関駅を結び、絶景広がる山陰の海沿いを走る。とっても変わった名前ですが、山陰には「はなし」をしたくなるような魅力がたくさんあること、そして、沿線のはぎ長門ながと下関しものせきの3市の頭文字をつなげると、そう。「はなし」になるのです!

 これまで何度も話してきましたけど、山陰にはいろんな名所がたくさんあります。角島大橋に金子みすゞ記念館、元乃隅神社に萩城下町……。こうした名所を鉄道で巡るってすごくぜいたくな時間という気がします。車窓から青々とした山や海を眺めることができる夏も良さそうだし、紅葉の秋も楽しそう。

 私自身はまだ乗ったことがないので、新型コロナウイルスが落ち着いたら、ぜひ乗ってみたいです。もちろんその感想はいろんな人にお話ししますよ♡