文字サイズ
    ジュニア記者が、様々なニュースを取材して記事を掲載します。

    英語の百人一首ってどんなもの?

    日本の美意識伝えるツール

    • ピーター・マクミランさんが翻訳・開発した英語版百人一首かるたのうち、柿本人麻呂「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む」の読み札(左)と取り札
      ピーター・マクミランさんが翻訳・開発した英語版百人一首かるたのうち、柿本人麻呂「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む」の読み札(左)と取り札

     英語に翻訳ほんやくされた百人一首かるた「100人ぐりっ首」の競技きょうぎ大会がこのほど、東京都立川市の柴崎しばさき学習館で行われました。英語で取るかるたに挑戦ちょうせんしてきました。

     大会には、同市立の中学校など5校の生徒せいとに私たちが加わり、計31人の中高生が参加さんか。トーナメント形式で対戦たいせんしました。参加者には、英語版の画像がぞうが送られ、100首のうち、大会で使用する20首があらかじめつたえられていました。

     競技に先立ち、このもよおしを主催しゅさいした国文学研究資料館しりょうかん(立川市)教授きょうじゅ神作研一かんさくけんいちさんが百人一首について解説かいせつしてくださいました。また、江戸えど時代の大変美しい百人一首かるたを見せてくれ、参加者は興味津々きょうみしんしんで見入っていました。

     競技では、対戦する2人が向かい合わせにすわり、それぞれ10まいずつふだを前にき、読み手が読んだ札を素早すばやく取ります。相手陣地じんちの札を取ったら、自分の札を相手陣地に送るなどして、自分の札が先になくなった方が勝ち。これは、今回使用した札の数をのぞけば、一般的いっぱんてきな百人一首かるた競技のルールと同じです。

    イメージ壊さず 苦心の英訳

     英語版かるたは、同館のトランスレーター・イン・レジデンス(しょうへい翻訳家)、ピーター・マクミランさんが独自どくじ考案こうあん。日本在住ざいじゅう30年のマクミランさんは、日本語から英訳するさい掛詞かけことば縁語えんごなどに細心の注意をはらったそうです。中でも翻訳がむずかしかったのは、小野小町おののこまちの「花の色は」で始まる一首だったそう。レトリックが複雑ふくざつで、「もとの歌が持つ重層的じゅうそうてきなイメージを英語で表現ひょうげんするのに苦心した」といいます。

     かるたの札は、読み札と取り札両方に絵がえがかれ、絵合わせのようになっていて、百人一首の知識ちしきがなくても競技を楽しむことができるよう工夫くふうされています。ただ、歌の意味をよく伝えるために、英語版では語順ごじゅんがオリジナルの日本語のものとちがっていることもしばしば。きちんと英語版もおぼえていないと、練習を重ねた相手より早く札を取ることは到底とうていできません。

     対戦が始まると、会場は一気にめた雰囲気ふんいきに。3分間の札の暗記時間の後、マクミランさんが読み札を読み始めました。日本語の場合と同様、上のを1回、続いて下の句を、2回り返します。マクミランさんの歌うような声が流れ、すぐにたたみをはじく音があちこちから聞こえました。参加者はみな一心不乱いっしんふらんに札に飛びつき、真剣勝負しんけんしょうぶが繰り広げられました。

     最終的さいしゅうてきに勝ち残ったのは、立川市立立川第一中学校2年の佐々木桜音ささきおとさんと、同中3年の立川ありさんの2人で、同館の館長で日本文学者のロバート・キャンベルさんらから記念のおうぎなどを受け取りました。佐々木さんは、「単語と絵を覚え、友達と模擬戦もぎせんをするなどして準備じゅんびしました」と話していました。英語を使った百人一首かるたはこれまでにない体験たいけんで、かなり頭を使ったつもりですが、私たちジュニアプレスは全員、1回戦で敗退はいたいしてしまいました。

     キャンベルさんは、英語版百人一首について「英語と古典こてんという二つの広い入り口があり、英語を勉強しながら新たな視点してんで古典を読むことができる」と、その意義いぎ面白おもしろさを強調していました。

     マクミランさんは、「紀友則きのとものりさくらを歌った『久方ひさかたの』など、百人一首には、はかないものをめでるという、西洋人とは正反対の美意識びいしきがよくあらわれています」と話していました。来年には、母国アイルランドで大会を開催する計画があるそうです。英語版ができたことで、日本人の精神性せいしんせいを理解してもらうためのすぐれたツールとして、国際交流に大活躍だいかつやくしそうだと思いました。(高2・木下純一じゅんいち、高1・蟹田光かにたひかる、中3・鈴木麻秀すずきましゅう、中2・河野菜緒こうのなお記者)

    2018年10月01日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    スクールヨミダス