「子どものための建築」歴史を知りたい

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

学びの建物時代で変化

自然の起伏を利用して建てられた「兵庫県出石町(現豊岡市)立弘道小学校」の模型の前で説明をする大村さん
自然の起伏を利用して建てられた「兵庫県出石町(現豊岡市)立弘道小学校」の模型の前で説明をする大村さん

 幼稚ようち園や小学校、遊び場など、子どものために作られた様々な建築物けんちくぶつの写真や模型もけいなどを集めた「子どものための建築と空間てん」が、東京・汐留しおどめの「パナソニック汐留ミュージアム」で、24日まで開かれています。子どもたちが育つのにてきした環境かんきょうについて学んできました。

 展覧てんらん会では、明治めいじ平成へいせいの150年を五つの期に分けており、子どものために作られた建築物の変遷へんせんを、時代を追って見ることができます。

 最初さいしょは「明治時代」。入場してすぐ目に入るのは、「旧開智きゅうかいち学校」(長野県松本市ながのけんまつもと)の模型です。地元の大工さんが、東京などに出向いて洋風建築を学んで作ったそうで、和と洋を融合ゆうごうさせた「洋風建築」と呼ばれています。屋根の上にとうっていて、玄関げんかん前には天使やりゅう彫刻ちょうこくなどがあり、140年以上前に建てられたとは思えないモダンさ。旧開智学校は現在、松本市の観光かんこう名所として知られています。

 大正たいしょう時代に入ると、大正デモクラシーの影響えいきょうを受け、子どもの自発的な学びを重視する「児童じどう中心主義しゅぎ」が広がりました。より自由で生き生きとした教育体験たいけんを目指す「自由学園」(東京都)などが設立せつりつされました。アメリカの近代建築の巨匠きょしょうフランク・ロイド・ライトが設計した食堂しょくどうの写真は落ち着いた雰囲気ふんいきです。

 当時の学園の様子を撮影さつえいした映像えいぞうがあり、女子生徒せいとが昼食を自ら調理していたのでおどろきました。その背景はいけいには、「生活することがすなわち教育である」という理念りねんがあるそうです。

 学芸員がくげいいん大村理恵子おおむらりえこさん(50)が、この展覧会を企画きかくしたきっかけは、展示作品の一つである、青森県黒石市あおもりけんくろいししの小さな図書館「黒石ほるぷ子ども館」を訪問ほうもんしたことだそう。「建物にあたたかみがあり、子どもが本に親しめるよう、様々なアイデアが盛り込もこまれている」ことに感激かんげき。「いつか、子どものための建築を取り上げたい」との思いを、共同開催きょうどうかいさいの青森県立美術館学芸員などと一緒に2年がかりで実現じつげんしました。

 展示を通してみると、その時代ごとに、課題かだいや、もとめられているものがことなり、それにおうじて子どものための建築も変化していることがわかります。

 例えば、関東大震災かんとうだいしんさいの頃には、耐震性たいしんせいえづらさを求めて鉄筋てっきんコンクリートの校舎が作られ始め、け野原からの復興ふっこうを目指した戦後せんごは、国と日本建築学会が、寸法すんぽう素材そざい、建て方などを研究して標準設計ひょうじゅんせっけいを作り、それにもとづいた校舎が数多く作られました。

 そして、「現代」は、「子どもたちがいろいろな個性を伸ばせるよう、生活の場としても充実じゅうじつしている建築が増えています」と大村さん。ドーナツ形の平屋建ての園舎の屋根が遊び場になっている「ふじようちえん」(東京都立川市たちかわし)や、東日本大震災の被災地ひさいちである宮城県東松島市みやぎけんひがしまつしましで、地域ちいき希望きぼう拠点きょてんとなるよう、校舎と講堂がほぼ東北地方の木で作られた「宮野森みやのもり小学校」の写真や模型などが展示てんじされています。

 展示を見て、「自分の通った学校が、こんな建物だったらよかったのに」と感じることがたくさんありました。そして、建築が、子どもたちの育つ環境の中で、とても大きな役割やくわりたしていることを学びました。

 大村さんは「今回は、過去かこの作品をり返るだけではなく、子どもたちの『これから』を考える未来志向みらいしこうの展覧会なのです」と話してくれました。

 ジュニア記者の一人は、将来、建築家になるのがゆめの一つです。未来を担う子どもたちによい環境を提供ていきょうできたらと思いをはせました。

 (高2・久保田千紘(くぼたちひろ)、マッキン愛奈(あいな)、高1・蟹田光(かにたひかる)記者、撮影=西孝高(にしよしたか)

495484 0 キッズニュース 2019/03/25 05:20:00 2019/03/25 05:20:00 2019/03/25 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190318-OYT8I50007-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ