涙活って何をするの?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

泣いてストレスすっきり

 新生活で緊張きんちょうすることが多い春。思いきりなみだを流して、ストレスを解消かいしょうしませんか――? そんな「涙活るいかつ」を提唱ていしょうする“なみだ先生”こと吉田英史よしだひでふみさん(43)の「涙の授業じゅぎょう」を体験たいけんしました。

1週間に2~3分

“なみだ先生”こと吉田英史さん
“なみだ先生”こと吉田英史さん

 赤いふち眼鏡めがねに、ジャージー姿すがた登場とうじょうした吉田さんはまず、涙の3類型るいけいについて説明せつめいしてくれました。タマネギを切った時などに出る「反射はんしゃ」、目を乾燥かんそうから守る「基礎分泌きそぶんぴつ」、喜怒哀楽きどあいらくを感じたときの「情動じょうどう」に分けられるそうです。

 「ストレスの解消には情動の涙だけが効果的こうかてき。1週間に1度、2~3分くだけでいいんです」と吉田さん。体の緊張をほぐし、免疫力めんえきりょくを高める効果もあるとのことです。

 次に2~5分の“泣ける動画”を8本見ました。海外の作品や短編たんぺんアニメなどで、テーマは、親子のきずなや、ペットの病気など様々さまざま。人それぞれの“泣きのツボ”を見つけるのが、動画を見る目的です。お弁当べんとうを毎日、母親に手作りしてもらっている記者は、それを思い起こさせるシーンにジーンときました。

 「絶対ぜったいにみんなが泣ける動画なんてない」ので、吉田さんはつねに感涙動画を80本ほどストックし、授業をするさいは、参加者さんかしゃ傾向けいこうに合わせて上映じょうえいするそうです。

 つづいて、「き○○への感謝かんしゃの手紙」を創作そうさくする「なみだ作文」に挑戦ちょうせんしました。本当のことでなくても、文章ぶんしょう下手へたでもOK。記者たちは妹や、事故じこで亡くなった友人への手紙を書き、自分で読み上げました。読むうちに涙がこみあげた人も、それを見てもらい泣きする人もいました。

 最後さいごに、それぞれが書き出した弱音よわね愚痴ぐち木箱きばこに入れ、吉田さんが代読する「泣き言セラピー」を行いました。「ダンスが下手だと思われるのがこわい」「友達に遊びにさそわれない」。おたがいの本音をさらけ出したからか、心のモヤモヤがあらい流された気がしました。

訓練で「感動体質」に

「泣き言セラピー」に使う「涙千箱」
「泣き言セラピー」に使う「涙千箱」

 なかなか泣けない人はどうしたらいいのでしょう。簡単かんたんなのは、ネットの“泣ける動画ランキング”などで様々な動画をためすこと。人は、人生経験じんせいけいけん投影とうえいされる場面で共感きょうかんして泣くといい、意識いしき的に感情移入かんじょういにゅうすることがポイントだそうです。泣かないから心がつめたいというわけではなく、トレーニングをすれば泣きやすい“感動体質かんどうたいしつ”になれると聞いておどろきました。部屋へや薄暗うすぐらくしたりアロマオイルをたいたりするなど、環境かんきょうづくりも大事だそうです。

 吉田さんは、高校の教諭きょうゆだった7年ほど前、生徒せいとからの相談そうだんを聞くうちに、泣いた生徒のほうが立ち直りやすい傾向にあると気づきました。翌年よくねん脳生理学者のうせいりがくしゃ医師いし有田秀穂ありたひでほさんと話し合い、その効果が科学的に説明できるとして、感涙で心の健康をサポートする「感涙療法士かんるいりょうほうし」の資格しかく創設そうせつ。今では全国に180人以上いるそうです。学校や企業きぎょうから、授業の依頼いらいを受けることもあります。

 人間関係にんげんかんけい改善かいぜんにもつながるそうです。ストレスやメンタルヘルスについて学ぶことで、他人の感情を思いやったり人間の弱さについて考えたりする機会きかいになるからです。泣き顔という弱みを見せ合うことでチームワークが向上することもあるとか。吉田さんは、ある会社で、部下が上司の涙を見て親しみを感じ、話しかけやすくなったというケースを教えてくれました。

 「世代によっては、『男は泣くな』と言われた人もいますが、涙活は『泣いてもいいんだよ』という、社会へのメッセージなんです」

 吉田さんのモットーは、「今日泣いて明日笑おう」。ジュニア記者も、新学期の新しい出来事にストレスを感じたら、自分の泣きのツボをして、気持ちをすっきりさせようと思いました。

 (高3・木下純一(きのしたじゅんいち)益子百花(ますこももか)、高1・鈴木麻秀(すずきましゅう)、中3・時田莉瑚記者(ときたりこきしゃ)、写真=宮崎真(みやざきまこと)

無断転載禁止
532393 0 キッズニュース 2019/04/15 05:20:00 2019/04/15 05:20:00 2019/04/15 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190408-OYT8I50053-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ