地域の課題解決に取り組む高校生のコンテストって?

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

活動発表 あふれる熱意

 地域や身の回りの課題解決に向けた取り組みを行う高校生を表彰するイベント「全国高校生マイプロジェクトアワード」が3月下旬、東京で行われました。地方ごとの大会を経て、全国550組から選ばれた8組が、自分たちの活動について熱く発表。最高賞の文部科学大臣賞に輝いた2組に、話を聞きました。

寒天作り復活に挑戦◎「ヘアドネーション」推進

 「マイプロジェクト」は、自ら見つけた課題を解決する力を高校生につけてもらうため、大学教授や教育に携わるNPO法人などで作る実行委員会が主催。学校の総合学習をきっかけに始めた「学校部門」と、それ以外の「個人・グループ部門」があります。

 学校部門で最高賞を受賞したのは、大阪府立茨木高校3年の上野隼人さん(17)たちの「よみがえる! 茨木の寒天」でした。

 上野さんは、家にあった郷土カルタの札に、寒天について書かれていたことに興味を持ち、友人の山下大碧さん(17)を誘って寒天について調べてみました。すると、かつて寒天作りは茨木の地場産業で、海外にも輸出。しかし、温暖化で、天然寒天を作る場所としては気温が高くなったこと、安く作れる粉寒天の台頭などが原因で廃れてしまったそうです。

 上野さんと山下さんは、今の気候でも寒天作りができるのかどうか、実験してみます。作り方を、企業に聞いたり、本を参考にしたりして学び、昨年12月、市役所の施設を貸してもらって作ってみましたが、あえなく失敗。より気温が低い今年1月に再挑戦して、ようやく寒天を完成させることができました。

 「茨木市のことが大好きで、なんとか地域の役に立ちたかった。まだ貢献できるところまでいかないが、これからも地域振興策を考えていきたい」という上野さんに対して、山下さんは、「自分は茨木出身ではなく、寒天にも特に関心はなかったが、上野君が何をやるのか興味があって協力した」とクール。失敗談や苦労話も含め、2人がテンポよく発表する様子はコントのようで、会場からは度々、大きな笑いが起きていました。

ヘアドネーションの活動について発表する伊谷野真莉愛さん(右)と友里愛さん(マイプロジェクト事務局提供)
ヘアドネーションの活動について発表する伊谷野真莉愛さん(右)と友里愛さん(マイプロジェクト事務局提供)

 個人・グループ部門で最高賞を取ったのは、伊谷野真莉愛さん(18)、友里愛さん(16)姉妹でした。

 2人は、長く伸ばした髪の毛を一般の人から寄付してもらってウィッグを作り、がんなどで髪の毛を失った子どもたちに提供する「ヘアドネーション」という活動をしています。

 真莉愛さんが、ヘアドネーションを手掛けていたNPO法人に自分の髪の毛を寄付したことをきっかけに、姉妹で「女子高生ヘアドネーション同好会」を結成、頭髪の寄付の呼びかけを始めました。ところが、NPO法人と連絡がつかなくなり、「自分たちでゼロからやろう」と決断します。

 一つのウィッグを作るには多くの頭髪が必要で、ウィッグを作る企業や、病院の協力も必要です。特に、一つあたり数十万円もの製作費を負担してもらうことになる企業はなかなか見つからなかったそうです。多くの会社に声をかけ、ようやく1社の協力を取り付け、協力病院も確保しました。

 「幸運のウィッグ」と名付け、初めて11歳の女の子に提供した時、その子がウィッグをつけた自分を鏡で見て、「普通の女の子だ」と喜んでくれたことが、とても嬉しかったそうです。 同好会を作った当初は、メンバーは2人だけ、協力してくれる大人もおらず、頭髪も集まらなかったため、本当につらかったとか。

 それでも活動を続けたことについて、真莉愛さんは「どうしてもやりたかったし、私にはヘアドネーションしかなかったので」と声を詰まらせていました。 今では同好会メンバーは20人ほどに増え、5人の子どもたちにウィッグを提供することができたそうです。

 どのプロジェクトの発表も、高校生たちの自信と熱意にあふれていました。あきらめず、強い気持ちを持って取り組むことの尊さを、今回の取材で学ぶことができました。

 (高3・中村宏香なかむらひろか西沢桃佳にしざわももか、中3・津田凜太郎つだりんたろう橋本玄太郎はしもとげんたろう、中2・池上花音いけがみかのん記者、撮影=片岡航希かたおかこうき

574332 0 キッズニュース 2019/05/13 05:20:00 2019/05/13 05:20:00 2019/05/13 05:20:00 マイプロジェクトアワードで文部科学大臣賞を受賞した伊谷野姉妹 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190509-OYT8I50012-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ