「プラレール」発売から60年。今も人気の秘密は?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

会話弾む 創造性育む

 自分で線路を作り、電車を走らせて遊ぶ鉄道玩具がんぐ代名詞だいめいし「プラレール」が今年、発売60周年しゅうねんを迎えました。発売元のタカラトミー本社(東京都葛飾区かつしかく)を訪ね、その伝統でんとうと進化を取材しました。

画期的な素材

平林さんから、「プラレール」の特徴や開発の歴史について話を聞いた
平林さんから、「プラレール」の特徴や開発の歴史について話を聞いた

 その名の通り、プラスチックでできた車両が、専用せんようの青いレールの上を電動で走るプラレール。ブリキのおもちゃが主流だった1959年に発売されました。最新素材さいしんそざいだったプラスチックを使った、当時としては画期的かっきてきなおもちゃだったのです。

 初代しょだい製品せいひんは手で転がして遊ぶものでしたが、2年後にはつの電動車両が登場。先頭車両が、後ろにつないだ2両を引っって走る形式は、現在げんざいまで引きがれる基本きほんモデルとなりました。青いレールも、当時からの伝統でんとうです。レールの色は、デパートのおもちゃ売り場の蛍光灯けいこうとうの下に持って行き、一番映える色にしたそうです。

現実に合わせ進化

 東海道新幹線が開業した64年に「ひかり号」を発売。それ以降、実在する車両の種類を年々やし、現在では日本全国を走る新幹線や通勤つうきん電車、貨物かもつ列車など、実在の60種以上の車両が製品せいひん化されています。自動改札かいさつやホームドアなど、駅構内こうないのシステムも、現実に合わせて進化させています。

 「技術的ぎじゅつてき発展はってんや子どもの遊び方の変化へんかなど、時代背景はいけいにより、プラレールはえず変わっています」。同社プラレールマーケティング部の平林思問ひらばやししもん・マーケティング課長は強調していました。

 流行を調査ちょうさし、試作しさく品を作り、工場で生産せいさんする――。この過程かていは商品開発の基本きほんですが、実際じっさいにはかなりむずかしいことで、新しい商品を企画きかくしてからそれが店頭にならぶまでには、1年ほどかかります。鉄道会社への許可きょかや、本物に忠実ちゅうじつ再現さいげんするための設計せっけいなどに時間が必要ひつようとなるためです。

 とくに子どもを対象たいしょうにしているからこそ、「安全せい」には気を付けているといいます。けがや事故じこ未然みぜんふせぐために、子どもの遊びやすいサイズにするなどの工夫くふうをしているそうです。社員のお子さんに、販売はんばい前のプラレールで実際に遊んでもらい、反応はんのうを調べることもあるとか。

 同社は毎年、東京などで「プラレールはく」を開いていて、今年はゴールデンウィークに池袋で開催。60周年記念として、駅や踏切ふみきりなどの「情景じょうけい部品」を使って作った、昔と現代の街並みまちなならべて展示てんじし、歴史れきしうつり変わりを表現しました。子どもだけでなく、大人にも「なつかしかった」と好評こうひょうだったそうです。

地球を約2周半

タカラトミーの看板商品の「プラレール」。60周年の記念商品も売り出されている
タカラトミーの看板商品の「プラレール」。60周年の記念商品も売り出されている

 昔、プラレールで遊んでいた子どもが親となり、自分の子どもと一緒いっしょに楽しむ。親子のコミュニケーションのツールとなるほか、創造性そうぞうせいを育むことができるのが、プラレールの魅力みりょくであり、長年続く人気の秘密ひみつなのでしょう。

 7月に発売予定の記念商品「ベストセレクションセット」の車両は、架空かくうの会社「プラレール鉄道」の、空港に向かうエアポート特急とっきゅう車両という設定です。ただ電車を動かすだけでなく、その先にある夢の旅にも思いをはせる、そんな楽しみ方もできそうです。

 これまでに販売された商品は約1480種、レールの総距離そうきょりは9万8700キロ以上で地球約2周半にもなるそうです。昭和、平成を走りけたロングセラー商品。60周年という節目ふしめからさらに進化し、令和の時代も新しい歴史をみ上げていってほしいと思いました。

 (高3・木下純一きのしたじゅんいち、高1・浦田凜うらたりん大久保礼おおくぼあや、中2・大森陸おおもりりく記者、撮影さつえい奥西義和おくにしよしかず

無断転載禁止
631582 0 キッズニュース 2019/06/17 05:20:00 2019/06/17 05:20:00 2019/06/17 05:20:00 タカラトミーの看板商品の「プラレール」(27日、東京都葛飾区のタカラトミー本社で)=奥西義和撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190610-OYT8I50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ