「こどもSET」って、どんな劇団?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大人と同じ作品演じる

こどもSETの稽古で、演技について指導する三宅さん(右)とキャストたち=宮崎真撮影
こどもSETの稽古で、演技について指導する三宅さん(右)とキャストたち=宮崎真撮影

 俳優はいゆう三宅裕司みやけゆうじさん主宰しゅさい劇団げきだん「スーパー・エキセントリック・シアター(SET)」の創立そうりつ40周年企画しゅうねんきかくとして昨年、小中学生でつくる劇団「こどもSET」が創立されました。第2回公演こうえんである「テクニカルハイスクールウォーズ 鉄クズは夜作られる」が、8月7日~9日に行われるのを前に、稽古けいこの様子を取材しゅざいしてきました。

全部できる役者を

 こどもSETは、三宅さんが、未来みらいのエンターテインメントを先導せんどうする逸材いつざいを育てたいと考えて作り、座長もつとめています。「演技、歌、ダンス、アクション、コントなど、全部できる役者を育てたい。それには小さいころから経験けいけんませたほうがいい」と三宅さんはいいます。

 団員は、オーディションでえらばれた小・中学生約60人。一般的いっぱんてきな子どもの劇団と大きく違うのは、1年前に劇団SETが演じた作品を、同じ台本で、子どもたちだけで演じることです。

 上演される「テクニカル――」は、東京の下町にある、廃校寸前はいこうすんぜん定時制ていじせい工業高校が舞台ぶたい。10代から60代までいる生徒の多くは不良ふりょうで、教師もさじを投げている。そこに熱血教師が赴任ふにんしてきて――というストーリー。

 7月下旬に、稽古を見学させてもらいました。キャストたちは、アクションやダンスの個人練習に熱心に取り組んでいました。小学校低学年の子どもたちが側転そくてんやバック転をしていたほか、年長の団員が小さい子の練習の手伝いをしたり、キャスト同士でアドバイスをし合ったりしているのが印象的いんしょうてきでした。

“プロ”のプライド

三宅さんやキャストたちに質問するジュニア記者たち
三宅さんやキャストたちに質問するジュニア記者たち

 三宅さんが稽古場に入ってくると、それまでさわがしかった子どもたちが、姿勢しせいを正し、真剣しんけんな表情になります。

 稽古ではまず、キャストが覚えてきた台本通りに演じます。三宅さんは、所々で場面を止め、キャストのしぐさや目線などについて細かく指示をしたり、セリフを変えたりくわえたりします。

 例えば、本当は小心者のおじさん番長が、「ガンのばし方」を学ぶシーン。番長役の子の、にらみつける演技を見た三宅さんは少し考え、うでを突き上げて威嚇いかくするポーズをお手本として示しながら、「腕は『やんのか』って感じだけど顔は笑顔にしようか」と提案ていあん。番長がそうすると、すかさず仲間が「なんで笑顔なんだよ!」とむことにしました。すると、番長のたよりなさが際立きわだつシーンになりました。

 三宅さんが演出を加えるたび、キャストはその場ですぐ修正しゅうせいし、同じシーンを演じます。取材時は、5分ほどのシーンを、1時間以上もかけて練習していました。それでも集中力が途切とぎれないキャストに、“プロ”としてのプライドを感じました。

「どんな人にもなれる」

 キャストに話を聞いてみました。熱血教師役の上田弦うえだげんさん(12)と、不良学生と対立する優秀な学校の生徒役の鈴木渓斗すずきけいとさん(11)は、「大人のセリフなので、言葉がむずかしい」「言葉の意味がわからないことがある」と苦労くろうしている様子。それでも、「舞台では、自分じゃない、どんな人にもなれて面白い」「歌やダンスは難しいけれど、お客さんに笑顔になってもらえるとうれしい」とにっこり。お父さんが三宅さんの大ファンだという佐々木佳音ささきかのんさん(13)は、「夢はミュージカル女優になることなので、この舞台も経験にして頑張りたい」と意気込んでいました。

 同い年ぐらいの子たちが、将来しょうらいの目標に向かって挑戦ちょうせんつづけていることに感激かんげきしました。そしてジュニア記者の一人は、自分もこどもSETの子たちのように、誰かを楽しませる“プロ”になりたいと思いました。

 (高2・斉田歩さいたあゆむ、中2・塚原瑠奈つかはらるな、中1・久慈紗緒里くじさおり杉本麻衣すぎもとまい記者)

無断転載禁止
731302 0 キッズニュース 2019/08/12 05:20:00 2019/08/08 11:42:37 2019/08/08 11:42:37 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190806-OYT8I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ