「全国高等学校総合文化祭」報告(下)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

歴史・文化学び 交流深める

 佐賀県で先月27日から6日間の日程にっていで開かれた「第43回全国高等学校総合そうごう文化祭 2019さが総文」(読売新聞社など特別後援とくべつこうえん)では、やく2万人の高校生が集まり、交流を深めました。先週の演劇えんげき、日本音楽、郷土芸能きょうどげいのう部門に続き、大会の模様もよう報告ほうこくします。(ヨミウリ・ジュニアプレス取材班しゅざいはん

街中で積極的に取材

 ◇新聞
 (7月28日~8月1日)

 全国から集まった新聞部員約300人が、学校のことなる生徒同士、6人前後のはんに分かれ、3日間かけて「交流新聞」を制作せいさくします。歴史れきし自然しぜん、科学などのテーマごとに県内各地かくちめぐる12コースに分かれて、バスで移動いどうしながら取材しゅざいをし、B4判の手書きの新聞をまとめました。

 武雄たけお市の建築遺産けんちくいさんなどを巡るコースには4班が参加さんか。唐津市出身で、東京駅の設計も手がけた建築家の辰野金吾たつのきんご(1854~1919年)が設計せっけいした国の重要じゅうよう文化財ぶんかざいである武雄温泉おんせん楼門ろうもんと新館や、樹齢じゅれい3000年の大楠おおくすがある武雄神社、2階までけになった広々とした館内と、年中無休で開館するなどの取り組みで知られる武雄市図書館をおとずれました。参加者は、説明を聞くだけでなく、温泉や図書館の利用りよう者にも積極的せっきょくてきに質問していました。

 最終日は、班員が書いた記事と写真を切りりし、見出しを付けて完成かんせい。「武雄今昔新聞」「がばい武雄新聞」などの新聞名をつけました。古河こが中等教育学校(茨城)の北山卓弥きたやまたくやさん(2年)は「みんなで協力して、人に焦点しょうてんを当てた新聞を作り上げることができました」と満足まんぞくそうに話していました。(高2・蟹田光かにたひかる記者)

陶磁器の最新研究見学

 ◇自然科学
 (7月27日~29日)

 佐賀県内の自然科学に関する施設しせつなどで体験たいけん・見学を行う「巡検研修じゅんけんけんしゅう」が、7月28日に行われました。

 佐賀県といえば、有田焼ありたやきをはじめとする焼きものが有名です。陶磁器とうじきなどを研究する県窯業技術ようぎょうぎじゅつセンター(有田町)の見学コースに同行しました。

 最初は講義こうぎです。陶磁器が、多くの国で食器として使われているのは、デザイン性にすぐれ、素材そざいが手に入りやすいことなどが理由。数千年前から作られ、完成度が高いという説明に、参加者はうなずきながらメモを取っていました。

 センターでは、研究者が自ら研究するだけではなく、企業から依頼いらいされた試験や分析なども行っています。施設見学では、陶磁器の素材や製品の強さを調べる強度試験機や、セラミックスの組成そせいを分析するX線回折かいせつ装置など様々な機器や装置についても説明を受け、参加者は興味きょうみ深そうに聞いていました。

 同センターが昨年開発した、キラキラしたメタリック調の上絵や、陶磁器をそのままきれいに切断せつだんできるウォータージェットカッターなど、最新の技術・製造せいぞう装置も見ることができました。

 参加した桃山(京都)の池田愛さん(2年)は、「物だけでなく、その技術をよりよいものにしてきた人々もすごいと思った」と感心した様子でした。(高2・福満愛可ふくみつあいか記者)

高校生ガイドから刺激

 ◇文芸
 (7月27日~31日)

 7月29日に、3コースに分かれて県内を巡る、文学研修(文学散歩)が行われました。それぞれ、佐賀の歴史と文化にれることができる内容ないようです。

 同行取材したコースでは、佐賀城本丸歴史館(佐賀市)や吉野ヶ里遺跡よしのがりいせきがある吉野ヶ里歴史公園(神埼かんざき市、吉野ヶ里町)、「次郎物語」で知られる文学者の下村湖人しもむらこじん(1884~1955年)の生家せいか(同市)を訪ねました。

 下村湖人の生家では、目的もくてきに向かって心を一つにするという意味の「一味同心いちみどうしん」という言葉について説明を聞きました。昔のらしなどにも触れ、参加者は懸命けんめいにメモをとっていました。

 地元の生徒が、各所でガイド役をつとめていて、鳥栖とす(佐賀)の櫻田幸一さくらだこういちさん(2年)は、「1日の体験を通して、佐賀の歴史や文学に関心を持ってもらえたらうれしい」と話していました。

 向陽こうよう(沖縄)の知念ちねんさくらさん(2年)は、「佐賀の歴史や文化を説明する地元の高校生の皆さんから大きな刺激しげきを受けました。私も沖縄についてもっと学んで、文芸部誌ぶんげいぶしに地元紹介のページを作れたら」と目をかがやかせていました。(高2・長倉希空ながくらのあ記者)

無断転載禁止
770937 0 キッズニュース 2019/09/02 05:20:00 2019/09/02 05:20:00 2019/09/02 05:20:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ