歌になった「こどもの詩」って?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

音楽の力で新たな作品に

 読売新聞朝刊ちょうかんくらし面に掲載けいさいされている「こどもの詩」の作品の一部にメロディーをつけた曲を歌うコンサートが10月半ばに東京都内で開かれました。子どもらしいユニークな視点してん表現ひょうげんされたかざらない言葉と、メロディーの新たな出会いを楽しみながら、歌い手たちの声を聞いてきました。

2部構成で11曲披露

 「こどもの詩」は、1967年からくらし面に掲載されています。数年前に、元NHK「みんなのうた」プロデューサー川崎龍彦かわさきたつひこさんと、シンガー・ソングライターつかもとひろあきさんが歌にすることを企画きかくし、すでにCDなども発売されています。「こどもの詩コンサート~ことばの中に歌がある~」では、CDに収録しゅうろくされた曲など11曲が披露ひろうされました。

「こどもの詩」の歌を披露するマイカ・ミュージック・ラボラトリーの生徒たち
「こどもの詩」の歌を披露するマイカ・ミュージック・ラボラトリーの生徒たち

 第1部は、音楽学校「マイカ・ミュージック・ラボラトリー」の生徒が作曲を担当たんとうした5曲が、生演奏えんそうをバックに披露されました。

 幼稚園年少(当時)の飛沢弘之とびさわひろゆき君の「ひじきごはん」は、たった4行の作品です。

 おいしい!/また おいしい!/まだ おいしい!/まだまだ おいしい!

 という詩が、近未来的きんみらいてきな音楽にのってささやくように歌われる、新感覚かんかくの曲になっていました。

 当時小2の木村航きむらわたる君の「ぼくのこと」も印象的いんしょうてきです。

 ぼくは 足がはやい/ぼくは なわとびがとくい/ぼくは ぴあのがだいすき/ぼくは たしざんがとくい/ぼくは そうじがとくい/ぼくは おこられてばっかり/ぼくは ぼくがすき

 得意とくいなこと、好きなことがいくつもならんだ後に、「おこられてばっかり」という言葉が出てきて、あれ?と思いましたが、最後の「ぼくは ぼくがすき」が力強く歌われていて、ほっとする歌になっていました。

 曲の合間に、司会をつとめる川崎さんが、会場にいる作者やその家族から話を聞いてくれました。

 「ひじきごはん」は、初めてひじきごはんを食べた時の感想だそう。「おいしい」という感動がストレートに表現されていますが、こんなに短い詩が、よく歌になったなとおどろきます。

 「ぼくのこと」を書いた木村君の家族からは、「詩に書いてあることはちゃんとできるけれど、できないことも多くて、怒られることがある」と聞き、正直な、子どもらしい詩だなと感じました。

 第2部は、映画えいが「となりのトトロ」の主題歌などで知られる、歌手の井上あずみさんと、井上さんの娘で同じく歌手のゆーゆさんが主に歌いました。

 「かぶとむし」は、97年の、当時4歳だった斉木美里さいきみさとさんの作品です。

 すずむしみたいに/なかないけど/かぶとむしは/こころのなかで/どすこいって/いってるんだよ

 というユニークな詩。曲もアップテンポの楽しいもので、井上さんたちはユニークなりつきで歌ってくれました。

 詩を作った本人と家族が来場していました。どうやってこの詩ができたのかたずねられたお母さんが、「娘が小さいころ、虫が好きで、カブトムシをいたいと言ったけれど、自分は虫がきらいなので、『スズムシみたいにかないし(飼いたくない)』とことわった時の言葉です」と説明してくれました。

 最後は、井上さんたちが「となりのトトロ」と「さんぽ」を披露、会場の観客かんきゃくも一緒に歌ってり上がりました。

「独特な発想力感じて」

 井上さんは、「大人も『こどもの詩』の歌を聞いて、子どもの目にしかうつらない景色けしきから生まれる、独特どくとく発想はっそう力を感じてほしい」と話してくれました。

 「こどもの詩」の選者せんじゃである平田俊子ひらたとしこさんは、「歌を聞いて、もともとの詩とは別の作品にもう一度出会い直した感じがする」と言います。そして、詩について、「自分はこういう言葉を使うぞ、と勝負するつもりで、信念しんねんを持って書いてほしい」と話していました。

 コンサートでは、言葉と音楽、それぞれが持つ力を感じることができました。自分たちも様々な表現をしていけたら、と思いました。

 (高2・斉田歩さいたあゆむ、中2・池上花音いけがみかのん、中1・杉本麻衣すぎもとまい、小5・中島なかじまあかね記者、撮影=園田寛志郎そのだかんしろう

無断転載禁止
892281 0 キッズニュース 2019/11/18 05:20:00 2019/11/18 05:20:00 2019/11/18 05:20:00 こどもの詩コンサート、追加分(10月16日)=園田寛志郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191111-OYT8I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ