取材で発見、視野広がる…第37期 ジュニア記者募集

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 首都圏しゅとけんの小学5年生~高校生が所属しょぞくし、毎週このコーナーに記事を書いている「ヨミウリ・ジュニアプレス(YJP)」では、4月から活動する第37期ジュニア記者を募集ぼしゅうしています。私たちの活動に興味きょうみをもってもらおうと、座談会ざだんかいを開きました。

 ――普段どのように活動していますか?

 長倉 小学5年から高校生までのやく40人が、5人ずつのはんに分かれて活動しています。月に1、2回、平日の放課後ほうかごに読売新聞東京本社に集まって班会議かいぎを開き、取材しゅざいしたいことについて話し合ったり、それを企画書きかくしょにまとめて大人の記者に見てもらったりします。企画が採用さいようされれば、大人の記者が取材相手に連絡れんらくしてくれます。取材は、平日の放課後か、土日祝日しゅくじつに行きます。取材では、ジュニア記者が中心になって質問しつもんし、メモを取って原稿げんこうを書きます。原稿は大人の記者に確認かくにんしてもらい、ジュニアプレスのページに掲載けいさいされます。

 ――入団のきっかけは?

 吉川 文章を書くのがきなのと、人見知りを克服こくふくしたいと思い、今年度から入団しました。

 中野 自分が知りたいと思ったことを自分の目で見て、広くつたえたいと思い、応募おうぼしました。

 水谷 ぼくは、将来しょうらい小説家しょうせつかなど文章を書く仕事にきたいので、文章力を上げたいと思い入りました。

 ――印象に残った取材は何でしょう?

 長倉 昨年さくねん夏に佐賀県さがけんで行われた全国高等学校総合そうごう文化祭の取材です。全国から集まった文化部の高校生たちに刺激しげきを受け、現地げんちの文化や自然しぜんはだで感じることができました。

 久慈 自分の企画がはじめて通ったさいたま市大宮盆栽美術館おおみやぼんさいびじゅつかんの取材です。取材後にお礼状れいじょうを書き、社会のルールも学べました。

 中野 僕も、入団してすぐに実現した自分の企画の取材です。国文学研究資料館しりょうかんたずねて話を聞き、新元号や古典こてん魅力みりょくについて伝えることができました。

 ――部活や習い事などとの両立は?

 長倉 私は英語部に入っていますが、顧問こもんの先生に事前にYJPの活動のことを伝え、理解りかいています。

 中野 英語と水泳を習っています。活動と習い事が重なる日は、ほかの日にえています。

 ――実際(じっさい)に活動してみてどうですか?

 吉川 入団前はもっとかた雰囲気ふんいきかと思っていたけど、仲間なかまも取材相手もみんなやさしいです。大人の記者とのメールのやり取りなども勉強になります。

 中野 企画書を書くと聞いて不安ふあんでしたが、最近さいきんはネタさがしや企画書作りが楽しくなってきました。

 ――取材のネタはどうやって探していますか?

 長倉 新聞やテレビ、学校の配布物はいふぶつ、電車の広告こうこくなどを見て、つねにアンテナを高くるよう心がけています。

 久慈 自分の興味のあることをノートにまとめて、取材時期はいつがよいかなどチェックしています。

 ――YJPで活動してよかったことは?

 長倉 中2のときに「『世界津波つなみの日』高校生サミットin黒潮くろしお」を取材し、英語力が必要ひつようだと感じて勉強するようになりました。

 水谷 文章の書き方で学ぶところが多いし、興味がなかったことでも取材に行くと発見があって、視野しやが広がったと思います。

 久慈 学年がちがう仲間と活動できるのはいい経験になっています。

 吉川 ニュースをよく見るようになりました。

 中野 普段会えない人や行けない場所に行けて、貴重きちょう経験けいけんができました。め切りがあるので、時間の使い方も工夫くふうするようになったと思います。

 (高2・長倉希空ながくらのあ、中3・吉川詩音よしかわしおん、中2・水谷卓郎みずたにたくろう、中1・久慈紗緒里くじさおり、小6・中野和貴なかのかずき記者)

応募要項

 4月から活動する第37期「ジュニア記者」を募集しています。取材に必要な交通費などは支給されます。

【募集人員】新小学5、6年、新中学1、2、3年、新高校1年、若干名。

【応募資格】東京都、茨城、埼玉、千葉、神奈川県内に住んでいて、東京・大手町の読売新聞東京本社に1時間半以内で通える人。

【応募方法】400字詰め原稿用紙の1枚目に〈1〉「私の家族」をテーマにした手書きの作文(400字以内)、2枚目に〈2〉志望動機(200字程度)〈3〉活動できる曜日〈4〉自宅の住所(郵便番号も)、電話番号、メールアドレス、氏名(ふりがなも)、生年月日、学校名、新学年を書いて、〒100・8055読売新聞東京本社文化部ジュニアプレス「記者募集」係(03・3217・8245)へ郵送する。

【締め切り】2月28日(必着)。作文審査、面接(3月15日)を経て決定します。

無断転載禁止
1023579 0 キッズニュース 2020/02/03 05:20:00 2020/02/03 05:20:00 2020/02/03 05:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ