読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

5周年を迎えた「異才発掘プロジェクト」って?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

学校外の体験が学びの場

 学校教育になじめないけれどキラリと光るものがある子どもたちを支援しえんしようと、2014年に始まった「異才発掘いさいはっくつプロジェクトROCKET」。昨年末さくねんまつで開始から丸5年をむかえ、1月13日に東京大学(東京都文京区)で報告会ほうこくかいが行われました。「スカラー候補生こうほせい」とばれる、わたしたちと同世代の参加者さんかしゃたちは、プロジェクトを通じてどのように成長したのか、話を聞いてきました。

スカラー候補生127人

 ROCKETは、東京大学先端科学技術研究せんたんかがくぎじゅつけんきゅうセンターと日本財団ざいだん企画きかくし、2014年12月から始まりました。参加者は、スカラシップ(奨学金しょうがくきん)を受けて才能をばしていってほしいといった願いをめて、「スカラー候補生」と呼ばれています。

 候補生の多くは、集中すると周りが見えなくなる、予想外よそうがいのことがあるとパニックを起こしてしまう、授業じゅぎょうが物足りない、など様々さまざまな理由で学校教育になじめない子どもたち。応募おうぼできるのは小学3年生から中学3年生までで、14年から5年間で、数多くの応募者の中から、書類選考しょるいせんこう面接めんせつえらばれました。“卒業そつぎょう”はなく、現在げんざい、小学4年から大学2年の年齢ねんれいまでの127人のスカラー候補生がいるそうです。

300以上のプログラム

 「候補生の探究心たんきゅうしんをかきたてる」ため、ROCKETでは、たとえば、氷で火をおこす、外車を全て自分たちで修復しゅうふくする、1日1000円で最果さいはての地を目指す……といった特性とくせいおうじた内容ないようや、芸術げいじゅつ建築けんちく、文学などかく分野の第一線で活躍かつやくする人の講義こうぎなど、様々なプログラムを企画。候補生はそれぞれ、希望きぼうのプログラムに志願して参加します。候補生が発案はつあんして実現じつげんしたプログラムもあり、これまでに行ったプログラムは300以上いじょうあります。

 当初とうしょからプロジェクトリーダーとして関わってきた同センター特任助教とくにんじょきょう福本理恵ふくもとりえさん(38)は、「プログラムに参加することで、候補生たちは自分で選択せんたくし、責任せきにんを持つ機会きかいえる」と言います。そして、そうした体験たいけんをすることで自己肯定感じここうていかんが上がり、「一歩み出す力がついた」と感じているそうです。

 報告会で登壇とうだんした候補生の姿すがたに、福本さんの言葉を実感しました。1期生の濱口瑛士はまぐちえいしさん(17)は、絵を描くのは得意とくいだけれど識字障害しきじしょうがいがあり、小学6年からほとんど学校へ行かなくなりました。ROCKETに参加したことで、「全く未知みちの体験をするという、本当の学びができた」といいます。今は通信制つうしんせい高校に在籍ざいせきし、「将来しょうらい不安ふあんもあるけど、考えても仕方がない」と自分の描いた絵を見せながらほがらかに話す姿が印象的いんしょうてきでした。

 ほかの候補生の母親からは、「以前は、だれかの言葉に悲観的ひかんてき反応はんのうしてすぐパニックになっていたけれど、参加して5年たち、るぎない強さのようなものをたと感じています」という感想かんそうが出ていました。

 終了後しゅうりょうご直接ちょくせつ話を聞いたスカラー候補生たちは、京都の茶室をめぐる旅や、北海道で昆布こんぶす作業、炭窯すみがま作りといったプログラムに参加したそう。「先が見えず、パニックになることもあったけど、楽しみでワクワクした」「プロジェクトに参加するまでは、感情かんじょうがあることが苦しくてロボットになりたかったけど、今はつらいこともふくめて気持ちを出してもいいと思うようになり、生活に色がついた」「ここでは自分が否定ひていされない。世界が広がった」と口々くちぐちに話してくれました。

寄付募り活動続ける

 ROCKETは、開始から5年がぎ、日本財団からの資金提供しきんていきょうが終了。今後は東大のクラウドファンディングで寄付きふつのるなどして、活動をつづけていくといいます。また、日本各地かくちで自治体などと連携れんけいして特色あるプログラムを企画し、学校教育と並行へいこうしてより多くの子どもが参加できるよう裾野を広げていきたい、と福本さんは話していました。

 今回の取材しゅざいで、候補生たちが豊富ほうふ知識ちしき経験けいけんを持っていることにおどろきました。また、どのプログラムも興味深きょうみぶかく、私たちも、学校だけでなく様々な場で学ぶ機会が増えるといいなと思いました。

 (高2・山下(やました)礼雄(れお)、中2・池上(いけがみ)花音(かのん)、中1・竹中(たけなか)夏希(なつき)、小5・池上(いけがみ)(そう)記者)

無断転載・複製を禁じます
1036094 0 キッズニュース 2020/02/10 05:20:00 2020/02/10 05:20:00 2020/02/10 05:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)