「劇場版 ダーウィンが来た!」第2弾の見どころは?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新たな恐竜世界 リアルに

 約6600万年前の地球を舞台ぶたいに、最新研究さいしんけんきゅうから明らかになった新たな恐竜きょうりゅう世界がえがかれる「恐竜ちょう伝説 劇場版げきじょうばん ダーウィンが来た!」が、今月21日から全国で公開されています。監督かんとく植田和貴うえだかずきさん(45)と、監修かんしゅうの北海道大学総合博物館そうごうはくぶつかん副館長・教授きょうじゅ小林快次こばやしよしつぐさん(48)に、見どころなどを聞いてきました。

最新の研究成果

植田監督(左)と小林教授(左から2人目)にインタビュー
植田監督(左)と小林教授(左から2人目)にインタビュー

 「ダーウィンが来た!」は、NHKで2006年から放送されている人気自然番組。映画第2だんとなる今作は、新たな恐竜像を、VFX(視覚効果しかくこうか)を駆使くししたリアルな映像えいぞうで伝えます。

 登場する恐竜は、ティラノサウルス、デイノケイルス、モササウルス、トロオドンなど。それぞれ、名前が付けられた1個体に密着みっちゃくするような形で展開てんかいします。

 極寒ごくかん北極圏ほっきょくけんらすオスのトロオドン「ホワイト」は頭のいい小型こがた恐竜。倒木とうぼくから見つけた虫をくわえて川に行って落とし、ってきた魚をつかまえます。秋にった木の実をめておき、冬にり出して食べるなど、きびしい環境かんきょうの中で生き抜く様子が描かれます。巨大海竜かいりゅうモササウルスの若いメス「ジーナ」が、海辺うみべにいる肉食恐竜にかみついて海に引きずりむ場面は大迫力はくりょく。モンゴルに生息せいそくしていた鮮やかな羽毛うもうを持つ恐竜デイノケイルス「ニコ」は仲間なかまとはぐれながらも生きび、オスと出会って子どもをみ育てます。

 登場する恐竜たちは、最新の研究成果せいかもとづいて描かれています。羽毛の色は、生息地近くの現代の動物を参考さんこうにしているそうです。背景はいけいは、ニュージーランドや、日本の海などで撮影さつえいしました。

 植田さんは、「決定的な証拠しょうこがないため論文ろんぶんには書けないが、研究者たちがいくつかの手がかりから『おそらくこうだったのではないか』と思い描く場面なども含め、最新の恐竜たちの世界を映像化えいぞうかしました」と説明せつめいします。

親子間で情愛も

 恐竜はかつて、トカゲのようにゴツゴツした変温へんおん動物と考えられていました。しかし、1990年代に中国で次々つぎつぎに発見された化石かせきから、恐竜が羽毛を持っていたことが判明はんめいし、体温を一定に保つことができたと考えられるそう。小林教授は、「恐竜が、爬虫類はちゅうるいから鳥類へ進化する過程かていの生物であることが明らかになった」と話します。

 そして、鳥類がたまごを自分であたため、子どもの世話をするように、恐竜も親が子どもを守り育て、親子間の情愛じょうあいがあったのではないかと考えられるそうです。

 今作でも、トロオドンが子どもにりの仕方を教えたり、デイノケイルスが天敵てんてきの肉食恐竜から子どもを身をていして守ったりする場面などが描かれています。恐竜に表情はありませんが、卵を他の恐竜に食べられ、天をあおぐようなしぐさを入れるなど、感情が伝わるよう工夫くふうしたそう。

 また、小林教授が中心となって発掘はっくつした「むかわ竜(カムイサウルス)」が、大集団で暮らす様子なども描かれています。かつての日本には、こんな光景が広がっていたのかと興味きょうみ深く感じました。

 撮影では、実際の風景の中、スタッフが恐竜になりきってたたかったり、走り回ったりする様子をカメラに収め、後からCGを合成する方法を取ったそうで、エンドロールにその様子が紹介しょうかいされていて面白おもしろかったです。

 植田さんは、この作品の世界を「同じ地球の上でり広げられたもので、長い年月をて私たちにつながっているのだと感じてほしい」と話していました。映画館の大きなスクリーンで、作品の世界を感じてほしいと思いました。

 (高2・山口万由子やまぐちまゆこ、高1・大島彩也夏おおしまさやか、中2・塚原瑠奈つかはらるな丹羽美貴にわみき、小5・池上颯いけがみそう記者)

無断転載・複製を禁じます
1071113 0 キッズニュース 2020/03/02 05:20:00 2020/03/02 05:20:00 2020/03/02 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200225-OYT8I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ