障害者も一緒に楽しめるイベントって?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

踊りと音楽 みんな幸せ

 障害しょうがいのある人もない人も参加さんかできるダンスイベントなどを通して、だれもがともにアートや音楽、ダンスを楽しめる環境かんきょう作りに取り組んでいるダンスグループ「SOCIAL WORKEEERZ(ソーシャルワーカーズ、SWZ)」。同団体が主催しゅさいしたイベントを取材しゅざいし、新たな福祉ふくしのあり方について考えました。

ダンスに大きな反応

代表の笹本さんに話を聞いた
代表の笹本さんに話を聞いた

 ノリのいい音楽が流れるフロアで、車いすに乗った人もダウンしょうの子も、みんなが音楽に合わせてステップをんだり、体をらしたり――。今月9日に東京都墨田区すみだくのホテル「モクシー東京錦糸町きんしちょう」で行われたSWZ主催のイベント「ミニチョイワルナイト」では、年齢ねんれい性別せいべつ、障害の有無うむ関係かんけいなく、出演者しゅつえんしゃふくめ100人弱の参加者がダンスを楽しんでいました。

 SWZは、福祉関係の仕事をしている笹本智哉ささもとともやさん(33)が2011年に結成けっせい発達障害はったつしょうがいのあるおさななじみがいるなど、小さいころから障害を持つ人が身近にいた笹本さんは、自然しぜんに福祉の道を志すようになりました。

 高校3年生のとき、ボランティアで軽度から重度まで様々さまざまな障害のある人と交流する合宿がっしゅくに参加。はじめはどうせっしていいか分からず緊張きんちょうしましたが、レクリエーションで太鼓たいこのパフォーマンスが行われたとき、中学生から始めて得意とくいだったダンスを披露ひろうしました。

 すると、見ていた人がステージまでびはねてきたり、車いすから落ちそうになるぐらい体を乗り出したり、ベッドにたままの人が目を懸命けんめいに動かして見ていたりと、大きな反応はんのうしめしてくれたそう。そのとき、「ダンスがあれば、誰とでも打ちけられる」と感じたそうです。

 以来、全国の福祉施設しせつ介護かいご施設などでダンスパフォーマンスを行うように。2005年には、仲間なかまとダンスイベントを開催し、これが、SWZが年に1回行っているイベント「チョイワルナイト」につながりました。

各地の施設訪問も

 高校時代にヘルパーの資格しかくを取り、大学も福祉関係の学科に進んだ笹本さん。アルバイトで、知的ちてき障害のある人の外出をサポートしていたとき、音楽イベントでその人がおどり出したことがありました。そのとき、一緒いっしょ支援しえんしていた人が、「しずかに」と注意したことに、「とてもショックを受けた」と話します。

 卒業そつぎょう後は障害者入所施設ではたらき始めましたが、障害者は生活の中で選択せんたくできることのはばせまいと感じるようになりました。そういう現状げんじょうを、「ダンスでぶちこわしたい」という思いから、SWZが生まれました。

 現在げんざい、メンバーは約20人。職業しょくぎょうは、プロのダンサーから介護福祉士、特別とくべつ支援学校の先生、ケアマネジャー、IT会社の会社員など様々です。障害の有無に関係なくやく800人が集う「チョイワルナイト」の開催のほか、首都圏しゅとけんを中心に全国各地かくちの福祉施設を訪問ほうもん最近さいきんでは、「一緒に作り出す」ことを目指して、ダンスのワークショップも行っているそうです。

 今回取材したイベントは、メンバーが笑顔えがお客席きゃくせきの人をダンスにさそい、とても温かい雰囲気ふんいきでした。メンバーの一人でダンサーの白柳有理しらやなぎゆうりさん(28)によると、いきなり大音量だいおんりょうで音楽を流さない、水を飲んで休憩きゅうけいするよううながすなど、障害を持つ人も快適かいてきごせるように配慮はいりょをしながら、声をけたり、一緒に踊ったりして、「自分をさらけだしていいんだ」と感じられる空間を作っているといいます。

 今年は東京でパラリンピックが行われますが、「パラ後にこそ本気を出して、障害がある人の社会参加が定着ていちゃくするように取り組んでいきたい」と笹本さんは力を込めます。白柳さんの「全ての人がしあわせになるのが福祉だと思う」という言葉も、心にのこりました。

 ダンスと福祉という組み合わせに意外性いがいせいを感じるとともに、誰もが過ごしやすく、共に楽しめる環境ができるように、私たちも何か行動を起こしていきたい、と強く思いました。

 (高2・蟹田光かにたひかる、高1・野部芙香のべふうか、中2・丹羽美貴にわみき記者、撮影さつえい奥西義和おくにしよしかず

無断転載・複製を禁じます
1084227 0 キッズニュース 2020/03/09 05:20:00 2020/03/09 05:20:00 2020/03/09 05:20:00 えときは原稿で別送します https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200303-OYT8I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ