「伝統野菜のタネ」を扱う会社を作った高校生って?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

多種多様な作物 未来へ残す

伝統野菜やタネについて熱く語る小林さん
伝統野菜やタネについて熱く語る小林さん

 かつて日本の各地かくちで育てられながら、急激きゅうげき減少げんしょうしている伝統野菜でんとうやさい。東京都内の高校2年生小林宙こばやしそらさん(17)は、伝統野菜のタネを全国に流通させることで途絶とだえるのをふせごうと考え、起業しました。小林さんに、伝統野菜とそのタネに対する思いを聞きました。

ネット通販が主

 小林さんは、高校受験じゅけんを終えた直後の2018年2月、15歳の時に伝統野菜のタネの販売はんばいなどを行う「鶴頸種苗流通かくけいしゅびょうりゅうつうプロモーション」を設立せつりつしました。「鶴頸」とつけたのは、活動拠点かつどうきょてんの一つの群馬県の畑が、地図でみると鶴の首に当たる部分にあるからだそうです。

 伝統野菜というと、京都の賀茂かもなすや聖護院しょうごいんかぶらなどが有名です。ただ、そうしたブランド野菜はごく一部で、多くの伝統野菜は特定とくてい地域ちいきだけで育てられ、少数の農家がタネをっています。

「鶴頸種苗流通プロモーション」のタネ。袋は小林さんがデザインしたシンプルなもの
「鶴頸種苗流通プロモーション」のタネ。袋は小林さんがデザインしたシンプルなもの

 小林さんの仕事の柱は、各地の種苗店しゅびょうてんを回って買い集めた伝統野菜のタネをオリジナルのふくろめ、1袋200円で販売すること。インターネットでの通信販売が主ですが、地元を中心に、本屋やカフェ、病院などでも売っています。

 関係かんけいない分野の店にタネをくのは、「より多くの人に興味きょうみを持ってもらいたい」から。これまで約30種類しゅるいのタネをあつかい、販売総数は1000袋をえるといいます。さらに、小林さんの自室の冷蔵庫れいぞうこには、伝統野菜400~500種類のタネが保管ほかんされているそうです。

 小林さんは小さいころ、近所のホームセンターで買った野菜のなえを育てることに熱中していました。しかし、数年で全ての品種を育ててしまい、興味の対象たいしょうはより多くの種類があるタネへとうつります。

 市販のタネの多くは「F1品種」と呼ばれ、大きさや形がそろった野菜ができます。それに対して伝統野菜は、味はよいものの、大きさや形はF1ほどそろわず、大規模だいきぼに作るのには向きません。特定の地域だけで栽培さいばい・販売される伝統野菜は、その地域での需要じゅようがなくなったり、農家がタネを採るのをやめてしまうと、野菜自体がなくなってしまうのです。

危機感から開業

 中学生になり、地方にタネの買い付けに行くようになった小林さんは、訪ねた種苗店が閉店へいてんしていたり、目当てのタネがなくなっていたりする状況じょうきょうに直面し、危機感ききかんおぼえました。

 「多様な伝統野菜のタネを守るには、誰かがタネを移動させて、作る人を増やす必要がある。全国規模で流通させる仕組みがないなら、ぼくが作ろう」。そう考えた小林さんは、父や知り合いの助けをりて様々さまざま手続てつづきをし、開業にこぎつけました。

 現時点では、タネを売るだけでは赤字になるので、群馬の畑で作った野菜を売ったり、農業関係の雑誌ざっし原稿げんこうを書いたり、講演こうえんをしたりして、タネを買う費用ひよう捻出ねんしゅつしているそうです。

 そして、昨年9月には、小林さん自身の活動や、伝統野菜やタネのことなどについて書いた「タネの未来 僕が15歳でタネの会社を起業したわけ」(家の光協会)を出版しました。

 現役高校生であり、来年に大学受験をひかえる小林さんは、時間の使い方を工夫くふうしています。勉強時間を確保かくほするため、平日は、家でタネの仕事をやらないようにしていて、仕事関係のメールの処理しょりや原稿の執筆しっぴつなどは、学校の休み時間にやっているといいます。

 今後、扱うタネの種類や、置いてもらう店を増やしたいと言う小林さん。ですが、将来、この仕事を本業にする気はなく、別の仕事をしながら、副業としてタネを扱っていきたいそうです。

 同世代とは思えない小林さんの活動ぶりに、大きな刺激しげきを受けました。小林さんは、「勉強以外に好きなこともやると、楽しい未来みらいが待っています。ただ、大人からの信用がなければ何もできないので、勉強ができるというのは武器ぶきになると思います」と話してくれました。

 私たちも、勉強をきちんとしつつ、好きなことに打ち込む青春をごしたいと思いました。

 (高3・木下純一きのしたじゅんいち、高1・浦田凜うらたりん、中2・大森陸おおもりりく記者、撮影=園田寛志郎そのだかんしろう

無断転載・複製を禁じます
1099137 0 キッズニュース 2020/03/16 05:20:00 2020/03/16 05:20:00 2020/03/16 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200310-OYT8I50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ