手軽に楽しめ 心も折り込む

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

海外からも注目される「折り紙」の魅力とは?

 わたしたちが子どものころから親しんできた遊びで、海外からは日本の文化として知られている「り紙」。東京五輪ごりん・パラリンピックが行われる今年、おもてなしとしても注目を集める折り紙の歴史れきし魅力みりょくを知ろうと、東京都文京区の「おりがみ会館」をたずねました。

「伝統工芸」の学び

中2階にあるギャラリーの壁に飾られている伝承折り紙の数々
中2階にあるギャラリーの壁に飾られている伝承折り紙の数々

 「おりがみ会館」は、伝統工芸でんとうこうげいとしての折り紙を広くつたえていくための施設しせつです。折り紙をはじめとする紙類かみるいでできた作品の展示てんじのほか、折り紙教室の開催かいさい様々さまざま種類しゅるいの折り紙や和紙の販売はんばいも行っています。運営うんえいしているのは、江戸えど時代の1858年に創業そうぎょうした和紙専門店せんもんてん「ゆしまの小林」。館長の小林一夫こばやしかずおさん(78)は、同店の4代目で、NPO法人「国際こくさいおりがみ協会きょうかい」の理事長もつとめています。

 取材しゅざいを始めた途端とたん、小林さんが私たちの目の前で、折り紙とピンセットを使ってあっという間にきれいなバラの花を作ってくれました。その後も、口がパクパク動くカエルや、2羽つらなったツル、片面かためんが銀色の和紙でできた指輪ゆびわ、はさみを使って作る扇子せんすなど、話しながらも手を休めることなく、作品を作っていきます。正方形の折り紙だけでなく、ペーパーナプキンや箸袋はしぶくろなどでもすばらしい作品ができ、思わず「すごい」と声を上げてしまうほどでした。

7世紀頃から

 小林さんによると、折り紙の歴史は、中国から紙の製法せいほうが日本に伝わった7世紀頃にさかのぼります。日本では、折ったりたたんだりしてもやぶれない丈夫じょうぶな和紙が作られ、はじめは神様への供物くもつなどをつつむのに使われました。室町むろまち時代には、紙の折り方の作法ができ、茶道や華道かどうのようにいくつかの流派りゅうはに分かれていったそうです。

 江戸時代に入ると、商品のおまけなどとしても庶民しょみんの間に広がり、江戸中期には子どもの遊びとして普及ふきゅうしていきました。明治に入り、子どもの創造性そうぞうせいをはぐくみ、発達はったつうながすとして教育に取り入れられ、現在げんざいのような正方形の折り紙が製造販売されるようになりました。

 私たちも作れるツルややっこさんなど、だれが作ったのか分からないけれど広く知られている「伝承でんしょう折り紙」作品は、300種類近くあるといいます。

 折り紙の魅力について、小林さんは「身近にある素材そざいで誰もが手軽に楽しめること」と話します。「人に伝える楽しさ、人によろこばれる楽しさ」もあり、講演こうえんなどで海外に行く際には、つねに折り紙を持っていくそう。

 同館では、フランスや南米など海外からの研修生けんしゅうせいも受け入れていたことがあり、め紙や折り紙体験たいけんのほか、折り紙の実演じつえん販売などに取り組んでもらいました。また、最近さいきんでは、手先を使うリハビリテーションとして、病院や高齢者こうれいしゃ施設など福祉ふくしの世界でも折り紙が活用されています。

 日本では元々もともと、おれいの品を紙に包んで感謝かんしゃの心を伝えます。また、お客様の箸を、きれいに折った箸袋に入れてもてなしたり、結婚けっこんのご祝儀しゅうぎなどの包みに折りづるえたりするなど、折り紙に気持ちをたく習慣しゅうかんもありました。

 今年は東京五輪・パラリンピックが開催かいさいされる予定よていですが、選手せんしゅ村に折り鶴をかざる計画があるそうで、「世界中に折り紙を広めるよい機会きかいです」と小林さんは笑顔えがおを見せます。

 私たちも、小林さんに教わって、折り紙で簡単かんたんなしおりを折ってみました。はしと端をぴったり合わせなくてもあじのある作品ができ、細かいことを気にせず、楽しく折ることが大切たいせつだと気付きづきました。

 折り紙は、歴史と広がりのある日本独自どくじの大切な文化であり、この伝統文化を、自分なりに発信はっしんしていけたら、と感じました。そして、先人の知恵ちえや心づかいがまっている折り紙について、もっと知りたいと思いました。

 (高2・蟹田光(かにたひかる)、高1・野部芙香(のべふうか)、中2・丹羽美貴(にわみき)、小6・中野和貴(なかのかずき)記者、撮影(さつえい)田中秀敏(たなかひでとし)

無断転載・複製を禁じます
1114768 0 キッズニュース 2020/03/23 05:20:00 2020/03/23 05:20:00 2020/03/23 05:20:00 えときは原稿で別送します https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200316-OYT8I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ