高校生と市区町村議員のオンライン議論って?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

政治が身近に 若者が実感

 若者わかもの政治せいじへの関心かんしんを高める活動に取り組むNPO法人ほうじん「I―CAS」(アイカス)が4月下旬げじゅん、高校生と市区町村議員ぎいん議論ぎろん交流こうりゅうするイベントを、新型しんがたコロナウイルス感染拡大防止かんせんかくだいぼうしのためにオンライン上で実施じっししました。私たちジュニア記者も、はじめてオンライン取材しゅざいにチャレンジしてみました。

 I―CASは、理事の西東京市議、田村広行たむらひろゆきさんが学生だった1999年、政治に関心の低い若者世代にもっと興味きょうみを持ってもらおうと、有志ゆうし任意団体にんいだんたい設立せつりつしたのが始まり。現在は、高校生13人をふくむ20人ほどがスタッフとして活動しているそうです。

 当初は、大学生を対象たいしょうにした議員インターンシップ(短期研修けんしゅうプログラム)を行っていました。その後、選挙権せんきょけんが「18さい以上」に引き下げられたことを受け、2015年から高校生を主な対象にするように。春休みや夏休みに、議会傍聴ぼうちょう視察しさつ同行などを通して政治家の仕事を体験たいけんする3日間のインターンシップを実施してきました。しかし今年は、コロナウイルス感染拡大により開催がむずかしくなり、ビデオ会議システム「Zoom」を使って交流することにしたのです。

 今回のイベントは2日間で、あらかじめ10人の市区町村議員が、「ぜい規制きせい基礎きそ」「人口急増地域ちいきの学校建設けんせつをどうするか」といったテーマをI―CASのサイトなどに提示ていじ。そのテーマに関心を持つ高校生を公募こうぼし、のべ46人が参加しました。イベントは、その日の参加者全員が画面上で顔を合わせた後、グループごとに2時間半議論。終了後に内容ないよう共有きょうゆうして深める――というものでした。

 I―CASが、外部の人も入ったオンラインのイベントを企画・実施するのは初めてでした。企画者の都内私立高3年大隅有紗おおすみありささん(17)は、「うまくいくか不安だったが、オンラインだと、遠くの人ともつながることができ、新しい発見や学びができた」と話しました。

 私たちにとっても、オンラインでの取材の可能性かのうせいを感じるとともに、人と話すことの大切さをあらためて実感する機会きかいになりました。

社会への関心低い日本 自主性養う教育重要

 私たちはイベント2日目に、東京・小金井こがねい市議の白井亨しらいとおるさんの「自分の力で世の中を変えることが出来るのか」と、神奈川・横須賀よこすか市議の小林伸行こばやしのぶゆきさんの「あなた自身の社会―広い意味での主権者しゅけんしゃ教育―」を取材しました。

 白井さんはまず、参加者に、「若者は『自分の力で世の中をえられる』という認識にんしきを持っているだろうか」と問いかけました。

 高校生からは、「日本は高齢者が多く、若者の声が通りにくい」「変えたいと思っている若者がそもそも少ない」といった声が上がりました。そして、「世の中を変えられる仕組みがととのっているか」という問いについては、意見を反映はんえいできる明確めいかくなルートはないと感じていました。

 議論は、生徒会や、地域の課題かだい解決かいけつ方法、海外での若者の意見のひろい方などにも及び、おさないころから社会と自分との関係を考えられるようにすることが、世の中を変える行動につながるのではないか、という話に発展はってんしました。

 一方、「あなた自身の社会」は、スウェーデンの中学校教科書のタイトル。小林さんによると、スウェーデンでは、義務ぎむ教育修了しゅうりょうの時点で社会に出られるよう教育されるそうですが、日本は、先生が板書した内容をそのままおぼえることがもとめられます。二つの国の教育の決定的なは「自主性じしゅせい」だと小林さんは言います。

 小林さん自身、社会について考えるようになったのは、子どもが生まれ、保育園や小学校の問題に直面してからだったといいます。小林さんは、市内の中学校給食の普及ふきゅううったえ続け、ようやく来年、実現じつげんするそうです。

 小林さんは、「国民全員が主権しゅけん者なのだということをしっかり自覚して、もっと政治に関心を持ってほしい」と話していました。

 終了後、参加した高校生に感想を聞きました。

 「地方議員は実は身近な存在だと知った」「議員の仕事を知り、尊敬そんけいするようになった」など議員に対する認識が変わり、「自主性をやしなう教育が重要じゅうようだと感じた。自分も、もっと主体的に行動したい」といった声も出ました。

 こうした体験たいけんが広がれば、若者も、自分に関係あることとして政治を考えられるようになるのではないかと思いました。

 (高3・山口万由子やまぐちまゆこ、高2・岩瀬周いわせあまね遠田剛志えんたつよし大島彩也夏おおしまさやか、高1・吉川詩音よしかわしおん

無断転載・複製を禁じます
1230009 0 キッズニュース 2020/05/25 05:20:00 2020/05/25 05:20:00 2020/05/25 05:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ