4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」。作者が作品に込めた思いとは?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

今 何をすべきか考えて

ワニの絵を描くきくちさん(本人提供)
ワニの絵を描くきくちさん(本人提供)

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で昨年さくねん12月から今年3月にかけて連載れんさいされた4コマ漫画まんが「100日後に死ぬワニ」。ワニが死ぬまでの何げない日常にちじょうが描かれた作品は、大きな反響はんきょうびました。作者のきくちゆうきさん(33)に、作品にめた思いを聞きました。

夢追い27歳で退職

 ゲームに夢中むちゅうになったり、アルバイト先の先輩せんぱいこいをしたり、漫画や映画えいが続編ぞくへんを楽しみにしたり、街角まちかどで赤ちゃんをこっそりあやしたり、態度たいどの悪い駅員にいらついたり……。主人公のワニは、ごく普通ふつうの日常を送る若者わかものです。

 しかし、たんなるほのぼのとした漫画ではありません。特徴的とくちょうてきなのは、毎回、4コマ目の下に「死まであと○日」と、ワニが死ぬまでの日数が書かれていること。ワニ本人は自分の死など意識いしきせずにらしているのに、読者にはワニがあとどれぐらいで死んでしまうかが分かっている、という独特どくとく設定せっていが注目を集め、連載終了しゅうりょう後には書籍化しょせきかもされました。

3日目は、4コマ目のワニのせりふが未来を知っている読者には重く響く。(c)STUDIO KIKUCHI 「100日後に死ぬワニ」(小学館)
3日目は、4コマ目のワニのせりふが未来を知っている読者には重く響く。(c)STUDIO KIKUCHI 「100日後に死ぬワニ」(小学館)
25日目は、きくちさんが一番好きな回だそう。「用事がないけれど会っておしゃべりする友達との関係がいいなと思います」 (c)STUDIO KIKUCHI 「100日後に死ぬワニ」(小学館)
25日目は、きくちさんが一番好きな回だそう。「用事がないけれど会っておしゃべりする友達との関係がいいなと思います」 (c)STUDIO KIKUCHI 「100日後に死ぬワニ」(小学館)

 小さいころから絵を描くのがきだったきくちさんは、自分でキャラクターを作り、そのさをつたえるために漫画を描いて、SNSで公開していたそうです。高校卒業そつぎょう後は、アルバイトなどをて24さいのときに就職しゅうしょくしましたが、あるとき、「キャラクターの絵を描いて、本の挿絵さしえやCDのジャケットなども描いてみたい」というゆめが、会社につとめていては時間がなくて実現できないということに気付きづき、27歳の時に退職たいしょくしました。

「終わり」を意識

 その後、同人誌即売どうじんしそくばいなどが行われるイベントでブースを出していた出版社しゅっぱんしゃの人に作品を見てもらい、プロデビューが決まったといいます。

 「100日後に死ぬワニ」を描こうと思い立ったのは、昨年9月頃。「死」をテーマにしたのは、友人の死を経験けいけんしたりして、自分がいつ死ぬのかと考えたことがあり、「いずれはだれもが死んでしまう。『終わり』を意識して、今、何をすべきか考えてほしいと思った」からだそう。「この作品が、いろんな人にとって終わりについて考えるきっかけになったなら、よかったと思う」と話します。

 この漫画を描き始めるとき、主人公をワニにするかトカゲにするかなやみましたが、「どんなに強い生き物でも死んでしまう」ということを伝えたいと思い、ワニに決めました。

 連載初日しょにちから反響があり、開始前は1万人ほどだったツイッターのフォロワーが、初日だけで1万人えて倍に。最終日の100日目には、220万人にまで増えたそうです。

現実社会とリンク

 また、大体のすじは決めていたものの、たとえば、漫才まんざい日本一を決める番組がテレビで放送される日には、急きょ、漫画でも、ワニがおわらい番組を見ている話にするなど、内容ないよう柔軟じゅうなん変更へんこう。そのことで、読者はワニと同時代を生きているという感覚かんかくを味わうことができました。

 100日目、ワニは、友達ともだち約束やくそくしていた花見の会場にかう途中とちゅう、通りがかりのヒヨコを助けて事故死します。漫画の投稿は、毎日午後7時頃にしていましたが、この日は、あえて20分ほどおそく投稿。「ワニの友達も読者も、ワニを待っている状況じょうきょうを作ることで、読者にキャラクターと同じ目線で読んでほしかった」というきくちさんの工夫くふうおどろきました。

 さらに、最後の日にワニが助けたヒヨコは、実は3日目に助けたヒヨコが成鳥せいちょうになり産んだたまごからかえったヒナだとか。「誰かが死んでも命はつながっていく」ことを描いたそうです。

 ワニは死んでしまいましたが、待ちわびた友達の一人がワニをむかえに行こうとする姿すがたを描いたのは「行動することで未来みらいわるかもしれない」という可能性かのうせいを伝えたかったからだといいます。

 「毎日いろんな選択肢せんたくしがあるけれど、やりたいことがあるなら、早く行動した方がいい」ときくちさん。作品を読み、きくちさんの話を聞いて、10代の私たちも、時間は無限むげんではないと意識することができました。興味きょうみを持ったことにはどんどん挑戦ちょうせんし、有意義ゆういぎな毎日をごしていきたい、と思いました。

 (高2・浦田凜うらたりん、高1・富田涼真とみたりょうま、中3・大谷莉々おおたにりりぃ、中1・青島あおしまアティーシャ・アンジェロ、岩瀬慧いわせけい記者)

無断転載・複製を禁じます
1308702 0 キッズニュース 2020/07/06 05:20:00 2020/07/06 05:20:00 2020/07/06 05:20:00 えときは原稿で別送します https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200629-OYT8I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ