読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

困っている人に食品を届けるフードバンク、新型コロナの影響は?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

給食中止・減収で利用急増

marugohanで利用者を迎える、ボランティアとスタッフ
marugohanで利用者を迎える、ボランティアとスタッフ

 「フードバンク」という言葉を聞いたことがありますか? まだ食べられるのに無駄むだになってしまう食品を引き取り、必要ひつようとしている人たちにわたす活動を行う団体です。新型しんがたコロナウイルス感染拡大かんせんかくだいで、日本はつのフードバンクである認定にんていNPO法人ほうじん「セカンドハーベスト・ジャパン」(2HJ)にも影響えいきょうが出ています。広報担当こうほうたんとう和間久美恵わまくみえさんにオンラインで話を聞きました。

 2HJは、「すべての人に食べ物を」を目標もくひょうに、2000年に活動を始め、02年に法人化されました。企業きぎょう団体だんたい個人こじんから食品やお金の寄付きふを受け、食にこまっている個人や養護施設ようごしせつ、シェルターなどに食品を配布はいふしています。

 主な活動は、決まった場所で食品を配布する「フードパントリー」や、寄せられた食品を調理して提供ていきょうする「ハーベストキッチン」(き出し)、拠点から離れた場所にトラックなどで食品を運んで配布する「モバイルパントリー」など。

キッズカフェ休止

 東京・浅草橋あさくさばし事務所じむしょにある「marugohan」では、週4回、フードパントリーを実施じっししています。昨年10月、外観がいかんをカラフルな色にって、カフェのような入りやすい雰囲気ふんいきにリニューアル。様々な食品がスーパーのようにならべられ、「利用りようする人が、自分の好きなもの、必要なものをえらべる」(和間さん)場所です。子どもたちが食事だけでなく、遊んだり勉強したりもできる「キッズカフェ」も併設へいせつされています。

 しかし、コロナウイルスの感染拡大によって、4月以降いこうは、“みつ”にならないよう、フードパントリーは、パッケージにした食品を配布する形にし、キッズカフェなどは休止になっています。

 配布する食品は、企業や団体、個人などから提供されたもの。はこのへこみなど包装ほうそういたみがあるもの、賞味期限しょうみきげんが近いもの、規格きかく外品など、食べ物としては問題がないけれど販売はんばいできないものなど食品関係の会社からの提供が多いとか。また、企業が、賞味期限が近い備蓄びちく品を寄付したり、団体などが、家庭で不要な食品を持ち寄る「フードドライブ」を実施して集まったものを寄付してくれたりすることもあります。保存がきく加工品が多いですが、冷蔵れいぞう冷凍れいとう食品もあるそうです。

 2HJが寄付を受けるさい、問い合わせに対して説明し、寄付の申し出を受けてから、契約けいやく書を交わします。それが、コロナ感染が急拡大した3、4月ごろ、企業がコロナ対応に集中したせいか、提供の申し出や問い合わせがった時期もありました。

ピーク時は200人

 一方、利用希望者はとくに3月に急増。休校のため給食がなくなり、3食とも家で準備じゅんびしなければならないのに、コロナの影響えいきょうで仕事も収入も減ってしまった一人親家庭などから申し込みが相次ぎました。フードパントリーの「marugohan」の利用者は、コロナ前は1回に100人以下でしたが、4月初旬のピーク時は約200人と倍増したそうです。

 寄付される食品の量はその後通常以上に増えましたが、利用希望者はそれを上回るペースで増えているため、和間さんは、「利用希望者は増え続けており、必要な人に十分な量を配布し続けるため、食品寄付などより多くの支援が必要です」と話していました。

 私たちジュニア記者世代にできることはあるのか、和間さんに質問してみました。それに対し、「もし、食べ物に困っている人などが周囲しゅういにいたら、フードバンクなどのサービスをまよわず利用するように伝えてほしい」と答え、さらに、「食に困っている人が日本にもいるという状況と、フードバンクの活動を知って、ちょっとしたことでも自分で行動を起こしてもらえたら」と話していました。

 日本の子どもの7人に1人は、今の社会の“普通”の生活をするのが難しい「相対的貧困そうたいてきひんこん」の状態じょうたいにあるといいます。貧困は、遠くの世界で起きていることではないのだとあらためて感じました。また、日本は食品ロスの割合わりあいが多いので、2HJのような活動を、みんながもっと知り、協力きょうりょくする人を増やしていくことが大事ではないかと思いました。

 (高2・野部芙香、高1・時田莉瑚、中2・三代和香、中1・都島歩記者)

無断転載・複製を禁じます
1402043 0 キッズニュース 2020/08/17 05:20:00 2020/08/18 14:45:23 2020/08/18 14:45:23 えとき別送り https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200811-OYT8I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)