村上春樹さん、将来の夢はどうやって決めたらいいでしょう?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「成り行きはとても大切」

優しく、時にユーモアを交えながらジュニア記者の質問に答える村上春樹さん(8月8日、読売新聞東京本社で)
優しく、時にユーモアを交えながらジュニア記者の質問に答える村上春樹さん(8月8日、読売新聞東京本社で)

 新刊しんかん一人称単数いちにんしょうたんすう』を発表した作家、村上春樹むらかみはるきさん(71)の特別とくべつインタビューの後編です。村上さんの学生時代や普段ふだんの生活、新型しんがたコロナウイルスについて思うことなどを聞きました。

 「ぼくの人生は、り行きで来たからね……。計画やゆめがあったわけではない。だから、いい成り行きが待っているといいねとしか言えないな」

 わたしたち高校生は普段、個性こせいや夢を持てと言われ、受験じゅけんのプレッシャーも感じています。そのなやみを打ち明けると、意外な答えが返ってきました。村上さんは高校時代、本と音楽がきで、勉強はあまりしなかったそうです。国語は得意とくいで、「友達ともだちの読書感想文を書き、昼ごはん代をおごってもらっていた」と言います。英語や世界史せかいしもできたけれど、数学や物理は苦手でした。

 1年浪人ろうにんして早稲田大わせだだい合格ごうかくしましたが、地元の関西かんさいのこるつもりでした。でも、入学金みのめ切り当日、早稲田に進学を決めました。「当時のガールフレンドがおこるし、大変たいへんだったね。早稲田に入っても大学紛争ふんそうの時代。授業じゅぎょうのストライキがつづいてしまって勉強しませんでした」

 「そのうち、学生結婚けっこんしてジャズのお店を始めてしまった。普通の人は、大学を卒業そつぎょうして就職しゅうしょくし、結婚でしょう。僕は、結婚し、はたらき始め、大学卒業だから順番じゅんばんぎゃくなんですよね」

 でも、村上さんにとっては、安定より自由が大切だったと振り返ります。店を開くときの借金しゃっきんを返すため必死ひっしに働き、29さいになって「突然とつぜん書きたくなって書いた」のがデビュー作『風の歌をけ』。「たとえば、もし21歳のとき、何か書こうとしてもできなかったと思う。僕はある程度ていど経験けいけんまないと、物を書けない人間でした。成り行きはとても大切なんだよ」

残り:1339文字/全文:2446文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1464770 0 キッズニュース 2020/09/14 05:20:00 2020/09/15 14:09:12 2020/09/15 14:09:12 ジュニア記者の質問に答える村上春樹さん★外販禁止★ジュニア面掲載(8月25日、9月5日)まで他部使用禁止★ラテ止め(8日、読売新聞東京本社で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200907-OYT8I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ