イタリアで医療関係者を励ました日本人バイオリニストって?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

癒やしの音色 世界に響く

 新型しんがたコロナウイルスが猛威もういをふるったイタリアで、今年4月、現地在住げんちざいじゅうの日本人バイオリニスト、横山令奈よこやまれなさん(33)が、治療ちりょう最前線さいぜんせんとなっている病院の屋上で演奏えんそうし、医療関係者いりょうかんけいしゃ患者かんじゃはげましました。横山さんに、演奏したときの気持ちや、音楽家としてコロナで感じたことなどを聞きました。

クレモナの病院屋上で演奏する横山さん(ユーチューブより)
クレモナの病院屋上で演奏する横山さん(ユーチューブより)

 横山さんは、バイオリニストの両親のもとで、7さいからバイオリンを始めました。高校卒業そつぎょう後、イタリアにわたり、バイオリン職人しょくにんが集まる北部のクレモナにあるモンテヴェルディ音楽院で学んで、同院を審査員しんさいん一致いっち満点まんてんで卒業しました。

 現在げんざいもクレモナに住み、バイオリンを教えているほか、2012年にピアノのディエゴ・マッカニョーラさん、チェロのアレッサンドロ・コピアさんと結成けっせいした「トリオ・カノン」で演奏活動を行っています。13年からは、クレモナのバイオリン博物館はくぶつかんで、見学におとずれた人に、最高峰さいこうほうのバイオリンとして知られるストラディバリウスなどの展示楽器てんじがっきを演奏して聞かせる公開演奏者もつとめているそうです。

 コロナの感染拡大かんせんかくだいで、クレモナも3月はじめからロックダウン(都市封鎖としふうさ)され、演奏活動や博物館での仕事もできませんでした。そんな中、クレモナの観光かんこうプロモーションをしている市民団体だんたいからたのまれ、4月3日にまちのシンボルである鐘楼しょうろうの上で演奏しました。

 このときは、やしの色であるピンク色のドレスを着て、グノーの「アベマリア」やバッハの「アダージョ」などを披露ひろう。人が集まるのをけるために事前告知こくちせずに演奏しましたが、鐘楼からひびく音色をいた多くの市民から反響はんきょうがありました。その中に病院の広報担当者こうほうたんとうしゃがいて、「病院でも演奏して、患者や医療従事者じゅうじしゃ勇気ゆうきづけてほしい」と頼まれたそうです。

「元気を出して」赤いドレスで表現

 「音楽家としての活動もしづらい時期だったので、すごくうれしかった」と横山さん。演奏前日という急な依頼いらいでしたが、急いで準備じゅんびし、同月16日、病院から頼まれた、映画えいが「ニュー・シネマ・パラダイス」の、モリコーネ作曲「あいのテーマ」や、バッハの「無伴奏むばんそうバイオリン パルティータ第2番」から「アルマンド」、イタリア国歌などのほか、ビバルディのバイオリン協奏曲きょうそうきょく四季しき」から「夏」第3楽章など、6曲をきました。

 この時は、「元気を出してほしい」という思いをめて、愛や勇気、情熱じょうねつを表す赤いドレスを身につけてのぞみました。防護服ぼうごふくを着た医療従事者や市民らが、テントやベランダから上を見上げて屋上から流れる演奏に聴き入る姿は、動画投稿とうこうサイト「ユーチューブ」などでも配信はいしんされ、世界中から反響があったそうです。

音楽の力

 「コロナではくなった人と最後のおわかれもできないし、わたしにも親戚しんせきをコロナで亡くした知り合いがいる。そうした悲劇ひげきが起きている現場で弾くのは複雑ふくざつな気持ちもあったけれど、聴いてくれた人から『なみだが出た』と言われて、音楽の力を感じました」と話してくれました。

 横山さんは、10代のはじめころ、バイオリンをやめたくなった時期があったそうです。高校生のときには陸上部りくじょうぶに入り、部活後、つかれていてもバイオリンを練習する中で、あらためて自分はバイオリンがきなんだと気付きづき、バイオリニストになろうと決めたといいます。

 大切にしているのは、「ポジティブ(前向き)に考えること」。イタリア留学当初りゅうがくとうしょは、言葉のかべだけでなく、授業じゅぎょうのやり方も板書中心の日本とはちがうことに戸惑とまどったそうですが、周囲しゅういに助けてもらいながら、勉強に励みました。「イタリアでは、年齢ねんれいに関係なく対等たいとうに意見を言い合える。そんなところが自分の性格せいかくに合っていたのかも」と明るくわらいます。

イタリア・クレモナの自宅からオンラインでジュニア記者の取材に応じてくれた横山さん
イタリア・クレモナの自宅からオンラインでジュニア記者の取材に応じてくれた横山さん

 最近ようやく博物館での演奏も再開さいかいしたそうですが、コロナ禍の中でも何かやれることがあるのではないか、とレッスン動画や演奏を配信したり、オンラインで生徒せいとにレッスンをしたりしていたという横山さん。私たちも、横山さんのように自分のやりたいことに全力で挑戦ちょうせんし、周りの人のためにできることを考えて行動していきたい、と思いました。

 (高2・浦田凜うらたりん、高1・橋本玄太郎はしもとげんたろう、中2・本谷理彩もとたにりさ、小5・高庄愛優香たかしょうあゆか記者)

無断転載・複製を禁じます
1478674 0 キッズニュース 2020/09/21 05:20:00 2020/09/24 15:53:04 2020/09/24 15:53:04 クレモナの病院屋上で演奏する横山さん(ユーチューブより) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200914-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ