【読んだよ 読もうよ】テーマは「宇宙に関する本」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 月が美しく見える秋。今回のテーマは「宇宙に関する本」です。

プラネタリウム 夢広がる…中2・三代記者

高橋真理子文/早川世詩男絵
高橋真理子文/早川世詩男絵

 みなさんは、プラネタリウムを見たことがありますか?

 『星空をとどけたい』(ほるぷ出版)は、作者の高橋真理子たかはしまりこさんが、長期入院などで星空を見ることがむずかしい人たちにプラネタリウムを届けるにいたるまでをつづったノンフィクションです。

 オーロラが大好きだった高橋さんは、オーロラを研究するために進んだはずの大学で、それができないことを知り落胆らくたん。その後の、写真家・星野道夫ほしのみちおさんとの出会いとアラスカ訪問ほうもん、星野さんがクマにおそわれてくなるという悲しい経験けいけんて、自分の特技とくぎである「感動できること」を大切にしながら生きていこうと決心します。

 オーロラ研究の次のゆめとして「ミュージアム作り」を考えたことで、新設しんせつの科学館でプラネタリウムの職員しょくいんとして働くようになり、仕事を一生懸命いっしょうけんめいするうちに夢はどんどん広がって……。

 この本は、「好きなことを見つけることの大切さ」を教えてくれます。

 皆さんもこの本を読んで、星空に思いをせながら、自分の好きなことをさがしてみませんか?(中2・三代和香記者)

月に住む巨人を治療…小6・吉田記者

ヒュー・ロフティング作/井伏鱒二訳
ヒュー・ロフティング作/井伏鱒二訳

 ドリトル先生シリーズの中でも、『ドリトル先生と月からの使い』『ドリトル先生月へゆく』『ドリトル先生月から帰る』(岩波書店)の“月へ行くシリーズ”はスケールが大きく、不思議ふしぎな世界に引き込まれます。

 動物や昆虫こんちゅうと話せるドリトル先生は、月からの使いである巨大きょだいなガの背中せなかに乗り、月に向かいます。月には、会話する植物や巨大な昆虫など地球とは全くことなる生物がらし、先生の研究心をかき立てます。「会議」を開き、秩序ちつじょと正義を保って幸福に暮らす彼らに、ドリトル先生は感銘かんめいを受けます。

 先生をまねいたのは月に住む巨人で、彼は先生に自分や仲間たちを治療ちりょうしてもらいたかったのです。先生の診療所しんりょうじょ大好評だいこうひょう。その後、先生は地球に帰りたいともうし出ますが、何千年も一人ぼっちで過ごした巨人は拒否きょひします。先生は無事に帰ることができるのでしょうか。

 現代げんだいの研究で月に生物がいないことは明らかです。でもこのシリーズを読むと、ひょっとしたら月の裏側うらがわには巨人や不思議な植物がいるかも?とワクワクするでしょう。(小6・吉田桜記者)

宇宙の彼方に思い馳せる

張替恵子/東京子ども図書館理事長
張替恵子/東京子ども図書館理事長

 お月見の季節、宇宙うちゅう彼方かなたに思いをせてみましょう。

《1》大岡信編
《1》大岡信編

 大昔、暗闇くらやみらす月や星は、どれほど有難ありがたかったでしょう。『星の林に月の船』(岩波書店)《1》には、月や星にまつわる詩歌がいくつも紹介しょうかいされています。書名は、「天の海に雲の波立ち月の船 星の林にかくる見ゆ」(天は海。雲はその海に立つ波。三日月の船がそこを滑って星の林に漕ぎ隠れてゆく)という柿本かきのもとの人麻呂ひとまろの和歌から。このほか、日本最古の歌集『万葉集』から昭和の『寺山修司歌集』まで、うたいがれてきた和歌や俳句はいくが194へん。声に出して味わってみては?

《2》宮原ひろ子作
《2》宮原ひろ子作

 太陽系たいようけいの中心で強い光を放つ太陽は近づきがたい存在そんざい。でも、『太陽ってどんな星?』(新日本出版社)《2》を読むと、親近感がわきます。太陽の黒点こくてんは、太陽の内側うちがわで作られる磁場じばが表面にわき上がってできます。黒点の磁場がいきおいよく動くと、プラズマ(電気をびた気体)や太陽フレア(強い光)がい上がり、地球上では大停電だいていでんや通信障害しょうがいが起こります。一方、黒点の数がったとき、地球は寒くなります。17世紀ガリレオの時代からの観測記録かんそくきろくを調べると、黒点の増減ぞうげんに11年周期しゅうきがあることや、50年も黒点が消えた小氷期があったことが分かりました。

 著者ちょしゃは、太陽の黒点の変化が地球の気象きしょうおよぼす影響えいきょうを探る研究者。南極なんきょくの氷や非常ひじょう長寿ちょうじゅ屋久杉やくすぎ年輪ねんりん手掛てがかりにき明かしていく様子に引き込まれます。

《3》モニカ・ヒューズ作/水野和子訳
《3》モニカ・ヒューズ作/水野和子訳

 『イシスの燈台守とうだいもり』(すぐ書房)《3》は、はるか遠くの惑星わくせいイシスが舞台ぶたい。ここで生まれた少女オルウェンは、幼い時に両親を亡くし、従者じゅうしゃガーディアンに守られながら平穏へいおんな日々を送っていました。彼らの任務にんむは、人口が増えすぎ、汚染おせんした地球から移住いじゅうしてくる人々のために準備じゅんびをすることでした。

 オルウェン10さい誕生日たんじょうび(地球年齢では16歳)、ついに、移住者80名を乗せた宇宙船が到着とうちゃくするとの知らせが。今までれ合ったことのない地球の人々に戸惑とまどいつつも、少年マークと親しくなり、たがいに恋心こいごころいだきますが……。

 きびしいイシスの環境下かんきょうかで自由に育ったオルウェンが知る衝撃しょうげきの事実。それでも前へ進もうとする心情しんじょう痛切つうせつに伝わるカナダのSFです。少し前の刊行かんこうですが、図書館等で探してみてください。

無断転載・複製を禁じます
1497793 0 キッズニュース 2020/09/28 05:20:00 2020/10/01 12:42:46 2020/10/01 12:42:46 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200923-OYT8I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ