「殺処分ゼロ」を目指して活動する獣医師って?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

休診日も保護動物を治療

 「殺処分さつしょぶんゼロ」という言葉を聞いたことがありますか? 国内で殺処分される犬やねこたちは、1年間で約4万匹にも上ります。「殺処分ゼロ」を目指して動物の保護ほご活動に尽力じんりょくしている獣医師じゅういし太田快作おおたかいさくさん(40)に話を聞いてきました。

被災地にも通う

病院で預かっている犬に話しかける太田さん
病院で預かっている犬に話しかける太田さん

 太田さんは、2011年に開業した「ハナ動物病院」(東京都杉並すぎなみ区)の院長として、毎日40~50けん診察しんさつをこなすいそがしい毎日を送っています。それにくわえて、休診日には、動物の保護活動をするボランティア団体だんたいへの協力も行っています。

 特に野良のら猫は、放っておくとどんどん子どもが生まれます。野外の猫はえや病気のため早く死んでしまったり、動物愛護センターに捕獲されて殺処分されたりします。また、う動物の数がえすぎて飼い主が対応たいおうできなくなってしまう「多頭飼育崩壊たとうしいくほうかい」でも、多くの命がうしなわれがちです。

 各地かくちのボランティア団体などは、不幸な動物をらすため、保護した動物に避妊ひにん去勢手術きょせいしゅじゅつほどこしたり、病気の治療ちりょうをしたりします。そのうえで、人に飼われるのは難しいと判断はんだんした成猫せいびょうなどは、手術後に路上に戻し、それ以外の犬猫は「譲渡じょうと会」などで飼い主を探します。

 太田さんは、こうした活動を行う個人こじんや団体にたのまれて、埼玉県や千葉県、神奈川県などに出向き、保護された動物の治療や手術をしていて、完全な休日はあまりないそうです。

 11年に東日本大震災だいしんさいが起きた時は、地元の人などから頼まれ、動物を助けるために福島県に行き、その後も時々通っています。「最初は放射線が怖かったけれど、ボランティアの人が行っているんだから、獣医師の自分が行かないわけにはいかないと思って」と太田さんは笑います。

 猫や犬の避妊・去勢手術の一般的いっぱんてきな料金は1万~数万円。手術に対する自治体じちたいなどからの補助ほじょがあっても全てはカバーできず、保護団体の人たちは自己負担じこふたんしたり寄付きふを集めたりしてまかなっています。太田さんは、保護団体から頼まれた野良猫などの手術については、費用を取らないことも多いといいます。

愛犬との別れ

 「動物にかんする依頼いらいは絶対にことわらない」のがモットーの太田さん。そのかたわらには、北里大獣医学部の2年生だった時に青森の保健所ほけんじょで出会った愛犬花子がいつもいました。

 太田さんは大学で、行き場のない動物を保護して飼い主を探すサークル「犬部」を設立せつりつ。当時住んでいた部屋には、いつも15匹ほどの保護動物がいたそう。やんちゃな動物も、花子からきびしくしつけられて、おとなしくなったといいます。

 大学卒業後、動物病院などではたらいてから出身地の杉並区で開業した太田さんにずっと寄り添い続けた花子を病魔びょうまおそいます。太田さんは、負担ふたんのかかる治療は行わず、家ではもちろん、病院への行き帰りも一緒いっしょごしました。花子は昨年9月、静かに息を引き取りました。

 太田さんの活動ぶりは、テレビのドキュメンタリー番組でも紹介しょうかいされました。それに対して太田さんは、「獣医師として当然とうぜんのことをしているだけ。僕が注目されるのは、やっている人が少ないことの裏返うらがえしで、違和感いわかんがある」と言います。

「犬や猫飼って」

 太田さんが目指しているのは、「殺処分ゼロ」。「ペットは家族と言いながら、多くの犬猫が殺されている。行政も獣医師も、殺処分ゼロ実現じつげんに向けて努力どりょくすべきだ」と強調します。

 動物保護のため、中高生ができることを聞いてみました。「犬や猫を飼ってほしい。保護動物を一般家庭であずかる『預かりさん』という仕組みもあります」と太田さん。「家庭でらした動物は、表情ひょうじょうが変わってかわいくなるので引き取られやすくなる。そして、動物保護についてSNSなどで発信してくれれば、大人の意識いしきも変わるかもしれない」と話してくれました。

 太田さんのように、動物のことを一番に考えて活動する獣医師さんがいることに感動しました。私たちも、自分にできることをやっていきたいと思いました。

 (高1・時田莉瑚ときたりこ、中2・三代和香みよわか、中1・都島歩つしまあゆむ記者、撮影さつえい三浦邦彦みうらくにひこ

無断転載・複製を禁じます
1543478 0 キッズニュース 2020/10/19 05:20:00 2020/10/19 12:17:52 2020/10/19 12:17:52 「ハナ動物病院」の太田快作院長と犬(17日午後6時47分、東京都杉並区で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201012-OYT8I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ