誰でも楽しめる「ゆるスポーツ」って?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

運動苦手な人も笑顔に

 老若男女ろうにゃくなんにょ障害しょうがいの有無にかかわらずだれでもスポーツが楽しめるように開発された「ゆるスポーツ」。新型しんがたコロナウイルス感染かんせん予防のため、距離きょりを取って行う「ソーシャルディスタンスゆるスポーツ」の体験たいけんイベントに参加し、主催者しゅさいしゃの「世界ゆるスポーツ協会きょうかい」事務局長萩原拓也はぎわらたくやさん(37)に話を聞きました。

2015年に誕生

インタビューを受ける萩原さん
インタビューを受ける萩原さん

 ゆるスポーツは、オリンピック・パラリンピックに向けて、誰もができるスポーツを作ろうと、萩原さんと友人の沢田智洋さわだともひろさん(39)が中心となり、2015年に誕生たんじょう競技きょうぎは、スポーツクリエイターたちと協力きょうりょくし、試行錯誤しこうさくごを重ねながら制作せいさくします。企業きぎょうや自治体と一緒いっしょに作ることもあります。

 代表的な競技の一つが、富山県氷見ひみ市と考案こうあんした「ハンぎょボール」。同市の特産とくさん品であるブリのぬいぐるみをわきかかえて行うハンドボールで、得点とくてんすると、“出世”した大きなぬいぐるみを持たされ、チーム全員で「出世!」とコールするというユニークなもの。昨年は、春の全国中学生ハンドボール選手権大会の開会式エキシビションで、全国中年ハンぎょボール選手権大会を開催したそうです。

 ゆるスポーツの定義ていぎは〈1〉年齢ねんれい性別に関係かんけいなく誰でも楽しめる〈2〉勝ってうれしい、負けても楽しい〈3〉ルールや名前が笑える〈4〉写真えし、他の人と共有したくなる〈5〉何かしらの社会問題を解決かいけつする――です。「たとえば、ゆるスポーツを通して障害のある人と話をすれば、障害を持つ人の気持ちに気づけます。その気づきが問題解決につながると思います」と萩原さんは話します。

 こうしたゆるスポーツは約80競技あり、体験者数は約10万人に上るそうです。

競技を体験

 この日は、ジュニア記者を含めた約30人が、4チームに分かれて体験たいけんしました。

 最初は「ステイホームサッカー」。プレーヤーが、直径ちょっけい約1メートルのフープ()の中に原則としてとどまって“みつ”をけつつ、パスをつないで約80センチのバランスボールを相手ゴールに入れて得点をきそいます。

 プレーヤーは、足元にフープをき、通常はその中に片足を入れた状態でプレーしますが、フープを持って移動いどうできる時間帯も、色ごとに設定されています。ただ、ボールをる時は、フープを下に置いてからでないと反則を取られます。

 動ける範囲はんい制限せいげんされているせいでつい手が出てしまったり、フープを持ったまま蹴ってしまったりするのがおかしくて笑ってしまいます。それでも、徐々じょじょにコツをつかみ、得点も生まれてり上がりました。

 続いて「ソーシャルディスタンスベビーバスケ」を体験。一定以上の力が加わると「うあーん」と赤ちゃんの泣き声が流れる仕掛しかけがあるボール(ベビー)を、ゴールである「お母さん」役のプレーヤーにとどけると得点が入る競技です。コート内にバラバラに置いてあるフープのうち、自分のカラーのフープに入っている時だけボールの受け渡しができます。

 パスの距離が長いと、衝撃しょうげきでボールが泣いてしまうので、うまく場所を取り、短いパスでつなぐのがポイント。ただ、距離が短くても、少し乱暴らんぼうに扱うとボールが泣き出してしまいます。3秒以上ボールを持っていると、「過保護かほご」という反則になるのも笑いをさそっていました。

途中ルール変更も

 萩原さんは、ゆるスポーツのソーシャルディスタンス版を考える際、「『距離をたもつ』という制約を前向きにとらえて、楽しいものにした」そう。そして、より面白くするために、体験会の途中とちゅうでもルールを変更へんこうすることもあります。

 その結果、運動が得意な人ばかりが目立つのではなく、得意でない人もプレーに関与でき、みんなが楽しむことができました。

 「どうやったらみんなが楽しくルールを守れるかを考えて、競技を作っています」と萩原さんは話します。

 運動が苦手な人でも笑ってできる「ゆるスポーツ」。競技する人がもっと増えるといいなと思いました。

 (高2・浦田凜うらたりん大久保礼おおくぼあや、高1・橋本玄太郎はしもとげんたろう、小5・高庄愛優香たかしょうあゆか記者)

無断転載・複製を禁じます
1634748 0 キッズニュース 2020/11/23 05:20:00 2020/11/26 11:00:49 2020/11/26 11:00:49 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201118-OYT8I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ