読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「トキワ荘」を再現したミュージアムって?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

マンガ文化の黎明期を体感

建物の外観もこだわって再現されている
建物の外観もこだわって再現されている

 手塚治虫てづかおさむ赤塚不二夫あかつかふじおなど、現代げんだいマンガの巨匠きょしょうたちが青春時代をごしたアパート「トキワそう」。木造もくぞう階建かいだての建物たてもの再現さいげんした施設しせつ豊島区立としまくりつトキワ荘マンガミュージアム」(東京都豊島区南長崎みなみながさき)が今年、オープンしました。施設をたずね、日本のマンガ文化が育まれた場所をはだで感じてきました。(高2・遠田剛志えんたつよし大島彩也夏おおしまさやか、中3・丹羽美貴にわみき、中1・青木咲良あおきさくら、小6・吉田桜よしださくら記者)

写真や話を参考に

 トキワ荘は1952年に建てられ、翌年よくとし、手塚治虫が入居にゅうきょしました。その後、「テラさん」としたわれた寺田てらだヒロオをはじめ、赤塚不二夫、石●森章太郎(いしのもりしょうたろう)藤子ふじこ・F・不二雄ふじおや藤子不二雄(A)など昭和しょうわを代表するマンガ家が次々つぎつぎ入居し、下積したづみ時代を過ごしました。(●は小さい「ノ」)

 1982年に解体かいたいされたものの、地元では20年ほど前からトキワ荘に関係かんけいする施設の建設けんせつのぞむ声が上がり、実際じっさいに立っていた場所から300メートルほどはなれた公園内に再現されました。

 案内あんないしてくれた学芸員がくげいいん幸田美聡ゆきたみさとさん(33)によると、図面ずめんなどがのこっていなかったため、当時撮影さつえいされた写真を参考さんこうに、大きさなどを決めました。元々もともとのトキワ荘は木造ですが、現在げんざい法律ほうりつに合わせて外側そとがわ鉄骨てっこつ、内側が木造という二重構造こうぞうにしたため、一回り大きくなっています。かべの色などは、トキワ荘に住んでいた唯一ゆいいつ女性じょせいマンガ家の水野英子みずのひでこさんらに話を聞いて、本物に近づけたそうです。

 玄関げんかんはレトロな雰囲気ふんいき。1階はゆかりのマンガ家の作品がならび、インタビュー映像えいぞうやマンガ年表、トキワ荘の模型もけいなどが見られるラウンジと、企画展きかくてんやイベントを行う展示てんじ室となっています。そして、2階が、マンガ家たちがらしていた当時の雰囲気を体感できるフロアです。

白黒テレビや仕事机、マンガ原稿などが置かれ、当時の様子がイメージできる大島記者
白黒テレビや仕事机、マンガ原稿などが置かれ、当時の様子がイメージできる大島記者

 ギシギシ鳴るところまで忠実ちゅうじつに再現された階段かいだんを上ると、中央の廊下ろうか沿って、左右に4畳半よじょうはんの部屋が並んでいます。共同炊事場きょうどうすいじばやトイレもあります。部屋には昭和のころに使われていたタンスや仕事机しごとづくえ火鉢ひばちなどの家具のほか、マンガの原稿げんこうかれ、それぞれの作家の個性こせいが感じられます。

 さらに、東北出身の作家の部屋には東北の郷土玩具きょうどがんぐが置かれるなど、細部まで工夫くふうが。白黒テレビには当時のCMが流れ、かざられていた絵を存命ぞんめいの作家にあらためて描いてもらうなど、当時の空気やマンガ家の息遣いきづかいも感じられるようでした。幸田さんは「トキワ荘に遊びに来た感覚かんかくで楽しんでほしい」と話します。

 このほか、かくマンガ家の入居時期じきなどが分かるパネル展示のある部屋や、マンガを描く体験たいけん(現在はコロナ感染防止かんせんぼうしのため中止)ができる部屋もあります。

多くの人が出入り

 け出しの作家が多く、生活がゆたかだったとは言いがたいそうですが、「映画えいがや本にはお金をかけ、創作そうさくかてにしていました」と幸田さん。トキワ荘の住人だけでなく、かれらを慕う若手わかてマンガ家、友人、編集者へんしゅうしゃなど多くの人が出入りし、たがいに刺激しげきを受ける中で、世界にほこる日本のマンガ文化がつくられていったことを知ることができました。

 周辺しゅうへんにも、ゆかりの施設があります。お米屋さんの建物を改装かいそうして作られた「トキワ荘通りお休みどころ」では、限定げんていグッズなどを販売はんばいしているほか、様々さまざまなマンガ家のサイン色紙がずらり。2階にはマンガ家たちが通っていた映画館や喫茶店きっさてんなどを紹介しょうかいする展示もあり、マンガ家の存在そんざいをより身近に感じました。さらに、「マンガステーション」には、ゆかりのマンガ家の作品数千さつがそろっています。

 「当時の資料しりょう保存ほぞんに努めるだけでなく、今のマンガにつながる黎明れいめい期の作品に目を向けるきっかけになれば。地域ちいき拠点きょてんにもしていきたい」と幸田さんは力をめます。わたしたちも、今回おとずれたことでトキワ荘の作家たちのマンガに興味きょうみがわき、ぜひ読んでみたいと思いました。

 同ミュージアムは、月曜休館(祝日しゅくじつの場合は翌日)。入館無料むりょう(企画展は有料の場合あり)。現在は来館予約よやく必要ひつよう

 (高2・遠田剛志えんたつよし大島彩也夏おおしまさやか、中3・丹羽美貴にわみき、中1・青木咲良あおきさくら、小6・吉田桜よしださくら記者)

無断転載・複製を禁じます
1701716 0 キッズニュース 2020/12/21 05:20:00 2020/12/22 15:32:04 2020/12/22 15:32:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201214-OYT8I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)