読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

人はなぜ、「正義中毒」になってしまうの?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

他者を責め快感 脳の性質

 脳科学者のうかがくしゃとして活躍かつやくする中野信子なかののぶこさんが今年、『人は、なぜ他人たにんゆるせないのか?』(アスコム)=写真下=を出版しゅっぱんしました。他者にたいし、「許せない」という感情かんじょういだき、過度かど制裁せいさいくわえてしまう現象げんしょうが、SNS上などでよく見られます。そうした状態じょうたいにならないための方策ほうさくを、中野さんに聞きました。

SNS上で顕著

 著書『人は、なぜ……』では、人が他人に対して「許せない」と思う原因げんいんを、脳科学の様々さまざま観点かんてんから説明せつめいしています。

 「自分の意見こそが正義せいぎ」と思い、ことなる意見の人を「あく」とみなして徹底的てっていてき攻撃こうげきしてしまう、いわば正義におぼれてしまっている状態を、中野さんは「正義中毒ちゅうどく」と名付なづけています。

 こうした現象は、自分の所属しょぞくしている集団以外しゅうだんいがいの他者をめることで快感かいかんおぼえる脳の性質せいしつに起因するものだそう。そのため、だれでも正義中毒におちいってしまう可能性かのうせいがあるといいます。それが顕著けんちょに表れるのがSNS上です。「自分の正体がわからない『匿名とくめい』の状態になると、人は悪魔あくまのようになってしまうことがある」と中野さんは言います。

 こうした現象は、とくに日本で目立つそう。その理由について中野さんは、地震じしん風水害ふうすいがいなどの自然災害しぜんさいがいが多く、集団のルールを守る集団の方が生きのこる可能性が高いという日本の地理的条件ちりてきじょうけんが、集団主義と同調圧力あつりょくを強めることになったのではないかと推測すいそくします。

 自分だけが正しいと信じ込む態度は、他者との議論ぎろんさい悪影響あくえいきょうおよぼします。

 日本人は議論が下手だとよく言われます。中野さんがらしていたフランスでは、それぞれの意見の相違点そういてんについて、深くり下げるのに対し、日本は、本質的ほんしつてき探究たんきゅうをせずに、人格攻撃じんかくこうげきなどになり、喧嘩けんかのようになってしまいます。

 「完全かんぜんに言い負かすことが勝ちではなく、本当に重要じゅうようなのは『相手を納得なっとくさせること、自分にとっていい方向に話を持っていくこと』」だと中野さん。

 ジュニア記者の一人が通う学校でのディベートでも、相手を言い負かそうとあつくなるあまり、肝心かんじんの議論の展開てんかい劣勢れっせいになるということが度々たびたびありました。

 上手な勝ち方とは、おたがいにきずつけ合わず、相手のおかしいところを理解りかいしてもらいながら、「もう少し頑張がんばれば勝てたのに」と思わせることだそう。「51対49で勝つのが、一番かっこいい勝ち方」と聞いて、たしかにそうだと思いました。日頃ひごろ交渉術こうしょうじゅつとして役に立ちそうです。

「メタ認知」で脱却 自分を客観的に見る

「万人に効く『正義中毒』の治療法はない」という中野さん(撮影=キム・アルム)
「万人に効く『正義中毒』の治療法はない」という中野さん(撮影=キム・アルム)

 では、「正義中毒」を乗りえるには、どうしたらいいのでしょうか。

 そのカギとなるのは、自分を客観的きゃっかんてきに見る「メタ認知にんち」だそう。メタ認知の能力のうりょくは、小学校低学年ていがくねんごろから育ち始め、完成かんせいするのは30さいぐらいだといいます。自分の近くにかがみがあると想像そうぞうし、そこにうつったらずかしいと思うことをしないように意識いしきすることで、メタ認知の力をきたえることができるそうです。

 一方、自分の所属する集団について、それ以外の集団よりもいと思い込むことを「イングループ(内集団)バイアス」とびます。アメリカ大統領選だいとうりょうせんなどでも、この現象が起こっています。トランプ支持しじしない人たちは、支持者に対して「バカ」などのレッテルを簡単かんたんり、「トランプ現象」の背景はいけいに何があるのか、ということを考えなくなってしまいます。

 そうやって一刀両断いっとうりょうだんにすると、あれこれ考える必要ひつようがなく、脳の“しょうエネ”になって楽なため、つい、こうした思考回路に陥りがちだそう。

 こうした脳の様々な機能きのうについて知り、意識することが、正義中毒や差別さべつと決別する第一歩なのだと感じました。

 脳科学と聞くと、どうしても専門的せんもんてきむずかしそうな印象いんしょうを受けますが、中野さんの著作はどれも日常にちじょう生活に根ざした問題意識がかくにあり、科学的に興味深きょうみぶかいと同時に日常でも応用おうようできそうな内容ないようばかりです。「わからないことを楽しむのが研究けんきゅう醍醐味だいごみ」と語る中野さんの晴れやかな表情がとても印象的でした。

 (高2・遠田剛志えんたつよし安田花やすだはな、中3・丹羽美貴にわみき、中2・竹中夏希たけなかなつき、中1・青島あおしまアティーシャ・アンジェロ記者)

無断転載・複製を禁じます
1729674 0 キッズニュース 2021/01/04 05:20:00 2021/01/10 17:19:05 2021/01/10 17:19:05 中野さんは、「『許せない』という気持ちが暴走しそうな時は、一歩引いて相手の言い分を聞くことも大事」と指摘する https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201225-OYT8I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)